NEW

パチスロ「純増約9枚」最速を実現など“敏腕”を発揮!「名機」復活など話題を独占!!【ヒットメーカー2019年の軌跡】

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ「純増約9枚」最速を実現など敏腕を発揮!「名機」復活など話題を独占!!【ヒットメーカー2019年の軌跡】の画像1

 

 パチンコ・パチスロ両分野において抜群の存在感を放っていた平和。やはり注目を集めたのは看板機種『ルパン三世』シリーズ最新作だ。

 パチンコはシリーズ史上最高「92%継続」を実現。パチスロは1G純増約9枚という「6号機史上最速」の出玉増加システムが大きな話題になった。他にも魅力的な新機種を続々と発表。そんなヒットメーカーの2019年を振り返ってみたい。

業界の「VIP」両分野で大活躍!!

「この右打ち、神ってやがる」と紹介され注目を集めていたパチンコ新機種『Pルパン三世~神々への予告状~』が9月に登場。やはり注目したいのはST性能だ。継続率は設定6で「約92.4%」、設定1でも「約89.1%」と新規則最高峰の連チャン性能を実現した。

 右打ち中の50%が最低ラウンドという設計に不満の声も出ていたが、「右打ち中は悪くない」「保留が追いつかないほど消化が速い」といった前向きな意見も多く聞かれた。

 パチスロ6号機『パチスロ ルパン三世 イタリアの夢』は12月に登場。現行市場において「最速のスピード」と、最大306枚の獲得が可能な「マックスボーナスの1G連」で旋風を巻き起こせるかと注目を集めた。

 実際に遊技したユーザーからは出玉スピードを称賛する声が続出。もちろん良い意見ばかりではないが、総合的な評価は高めという印象だ。まずまずのスタートを切ったと言えるだろう。

「名機」復活も話題に! パチスロ6号機は絶好調!?

『ルパン三世』シリーズの他にも、反響を得たパチンコ新機種は多く存在する。往年のファンから熱い視線を浴びていたのは伝説の権利物パチンコ『ホー助くん』だ。

 最新作『Pホー助くん』は、役物を狙って球を打ち始動口に入賞すれば液晶が始動するゲーム性。ホー助くんの目にVが揃えば大当りだ。豊富且つ刺激的な告知パターンを搭載するなど、ファン必見の仕上がりとなっている。

 パチスロ分野における反響も上々だった印象だ。『アントニオ猪木』『ラブ嬢』『ガールズ&パンツァー』といった人気シリーズが、デビューより好稼働を見せていた。

パチスロ「純増約9枚」最速を実現など“敏腕”を発揮!「名機」復活など話題を独占!!【ヒットメーカー2019年の軌跡】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事