NEW

パチンコ「正月」に打つなら「アレ」!「孤高の勝負師」が語る極上のエピソード!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチンコ「正月」に打つなら「アレ」!「孤高の勝負師」が語る極上のエピソード!?の画像1

 もういくつ寝ると正月です。

 ただ、私のそこそこ長いパチンコの歴史を振り返ってもなぜかパチンコに関する思い出ってすぐにぱっと思い浮かばないんですよね。昔は「超絶回収期」「行っても負けるだけ」といった意見が定説でしたし、まあそれでも暇だからホールに行って本当にただ負けるだけでしたし。

 たぶん、年末年始に勝ち越すことはもちろん、その日だけでも勝てたってこともめちゃめちゃ少ないような気がします。おそらく、一番勝率がよかったのって年末年始にまったく行かなかった時ですね。明石家さんまが競馬場にいたおっちゃんから授かった必勝法が思い出されます。

「絶対当る馬券教えたろか。働くことや」

 そんな正月思い出採算割れの町男ですが、そういえば「正月」をモチーフにしたパチンコって記憶にないですね。四季とか季節をフィーチャーしたものはありますけど。オリジナルコンテンツに特定の時期を乗っける演出みたいのならあるかもしれません。いまならRCTで期間限定もできますしね。

 しかし、そういった良い意味で狂ったタイアップなら断然古い機種のほうが多そうです。というか「ビッグドン」「デジパロン」とかそもそもの単語の意味がわからないような機種も多く存在していました。

 そういった古い機種のなかで正月らしいといえば、藤商事の「えびす」シリーズでしょうか。宝船に乗った恵比寿様が日の出に向かって航海しているようなおめでたい雰囲気のあるセル盤も、より正月のような印象を与えます。このシリーズは一度突入すると過激な連チャンが期待できる「えびすパニック」なる伝説的な爆裂モードも備えていたようで、まさにめでたい仕様です。

 雰囲気でいえば、『CR華観月』も正月寄りでしょうか。モチーフは花札ですが、華やかな慶賀のムードもあります。5回リミッターの暗黒時代に市場を盛り上げてくれた貴重な存在でもありました。

 ちなみに、私が小学生の頃、正月の帰省で父方の実家に帰るとおじさんに「花札」やろうと持ちかけられ、そのおじさんから渡されたお年玉をそっくり巻き上げられるという年中行事がありました。いま考えると手付きも怪しかったです。

 あと、イメージやビジュアル的な方面からは離れますが、正月といえばお笑いヒットパレードなど、大勢の芸人さんが登場してネタを披露していくような番組の印象もありますので、その意味でいえば、『お笑い道場』や『名人会』も正月らしいっちゃ正月らしい。

パチンコ「正月」に打つなら「アレ」!「孤高の勝負師」が語る極上のエピソード!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!