NEW

JRAルメール騎手「有馬の雪辱」果たせるか!? ホープフルS(G1)ワーケアで2020年クラシック王手?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRAルメール騎手「有馬の雪辱」果たせるか!? ホープフルS(G1)ワーケアで2020年クラシック王手?の画像1

 

 28日(土)に今年最後の重賞となるホープフルS(G1)が中山競馬場で開催される。

 G1に昇格して今年で3年目になるが、昨年の勝ち馬は皐月賞(G1)を勝ち、有馬記念(G1)で2着したサートゥルナーリアだけに、朝日杯FS(G1)と並んで来年のクラシックや3歳重賞路線を占う重要なレースと言える。

 今年は16頭が特別登録を済ましているが、前走東京スポーツ杯2歳S(G3)で5馬身差の圧勝劇を演じたコントレイルに注目が集まっている。その中で、人気の一角を占めそうなのがワーケア(牡2、美浦・手塚貴久厩舎)だ。

 父・ハーツクライ、母は伊オークス(G1)を制したチェリーコレクトという血統。叔母に愛オークス、ヨークシャーオークスを制し、昨年の凱旋門賞でエネイブルの2着に入ったシーオブグラスがいる。

 6月の東京でデビュー。1番人気に推され中団から危なげない競馬で楽勝してみせる。4カ月の休養後、アイビーS(OP)に駒を進める。ここでも圧倒的な1番人気に推され、新馬戦と同じく中団から上がり最速の33.3秒の脚を使って3馬身差で完勝。連勝でホープフルSに臨む。

 前走のアイビーSを快勝したあと、鞍上のC.ルメール騎手は「乗りやすいですね。道中もいい感じでした。体はまだしっかりしてないけど、これから良くなると思います。楽勝でした」とコメント。自信のほどをのぞかせている。

 そのルメール騎手だが、ホープフルSが行われる中山芝2000mのコースは今年非常に相性がいい。9戦5勝で勝率55.6%と高い数字を残している。中山の芝内回りコースで9勝挙げているが、その内の5勝が2000mなので信頼できる数字だろう。

 また、ワーケアを管理する手塚厩舎の馬とも相性が良い。19回騎乗して6勝し、勝率31.6%と好成績を挙げている。

 1週前追い切りでは「いつもは馬なりで追い切っているのですが、終い1ハロンしっかりやれたのはデビュー以来初めてですし、反応は良かったですね」と手塚調教師がコメントしているように、順調な仕上がりを見せているようだ。

 前2走に比べると相手関係は強化されるが、それに見合うだけの能力を見せつけてきた。デビューから騎乗してきたルメール騎手の好データを併せて考えると、ここでも勝利は射程圏内にあると言えるのではないだろうか。

 今年のリーディングを確定させたルメール騎手。先週の有馬記念の雪辱をここで果たせるか。

JRAルメール騎手「有馬の雪辱」果たせるか!? ホープフルS(G1)ワーケアで2020年クラシック王手?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!