NEW

パチンコ「最凶」スペックに続き「名作」再臨!「反撃」を開始した老舗メーカーへ熱視線!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「最凶」スペックに続き「名作」再臨!「反撃」を開始した老舗メーカーへ熱視線!!の画像1

 根強いファンを持つ名物パチンコメーカー西陣。「反撃が始まる」と宣言していた2019年も、魅力的な新機種をリリースしてホールを盛り上げた。

 昔懐かしい羽根物や一発台などを再び体感できる『P V王』や、大当り期待度がそのまま反映される「ガチ信頼度機能」を搭載した『PハイスクールDxD』といった新機種が登場している。

 特に注目を集めたのは、伝説のパチンコ名機をスペックまで再現した『ツインループ花満開』だろう。爆発的な人気を博した「2回ループ」を継承する本機は、多くのユーザーから熱い視線を浴びた。

 大当りはすべて10R。継続率は約83%で、確変突入時の平均出玉が「約6250発」と一撃に期待できる仕様も好評を得た印象だ。

 12月に導入された『P13日の金曜日』も好スタートを切っている。

 人気ホラー映画「13日の金曜日」とのタイアップ機で、スペックはV確2回ループ+時短タイプ。大当り確率は1/319.69(1/100.21)だ。

 2回ループの実質継続率は約83%。出玉は「ALL1000発」以上と、大量出玉も十分に狙える仕様となっている。映画の世界観を生かしたギミックをはじめ、多彩な恐怖演出を搭載。ファンならずとも楽しめる仕上がりだ。

 パチンコサイト「パチビー」の全国稼働ランキングで3位にランクイン(12/25現在)するなど、導入後の反響は上々。「V確2回ループ+時短」の「最凶」スペックが、長期稼働を実現できるかに注目したい。

2020年も激アツ!あの名作が「納得の出玉」「高継続」で登場!!

 祭りがモチーフの『春夏秋冬』最新作が3年ぶりに登場。『P春夏秋冬』は、大当り確率1/319のSTタイプ・大当り確率1/199のV確STタイプ・大当り確率の1/99の V確STタイプという3スペックが発売される。

 特に注目したいのはミドルスペック。初回出玉「ALL1000発」以上で約72%継続、ST中は50%で「1500発」を獲得できる魅力的な仕様だ。「大祭宴タイム」など、「春夏秋冬リーチ」へと繋がる新たな発展ルートも搭載。演出の幅が広がっている点も、ファンからは好評を得そうだ。

「反撃」を宣言した老舗メーカー渾身の新台。『P春夏秋冬』の導入は、2020年2月を予定している。

パチンコ「最凶」スペックに続き「名作」再臨!「反撃」を開始した老舗メーカーへ熱視線!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!