NEW

東京大賞典(G1)ゴールドドリーム「VSオメガパフューム」リベンジなるか!? 2019最後のG1獲りを狙うルメール騎手

東京大賞典(G1)ゴールドドリーム「VSオメガパフューム」リベンジなるか!? 2019最後のG1獲りを狙うルメール騎手の画像1

 中央競馬は28日(土)の中山・阪神で行われるレースをもって今年の全日程を終了する。締めくくりの重賞は2歳G1のホープフルSとなるわけだが、地方では翌日に年末の大一番がある。それが大井競馬場で開催される東京大賞典(G1)だ。

 中央ではチャンピオンズC(G1)がダートG1の最終戦となるが、この東京大賞典は地方馬も含めて争われる「真のダート王決定戦」と呼べる一戦だ。

 JRA所属馬はTCK特別区競馬組合から出走馬の選定が行われ、選定を通過した馬に出走権が与えられる。今年は全13頭出走のうち、JRA所属馬は7頭出走する。

 いずれ劣らぬダート巧者だが、このレースで引退の可能性があるゴールドドリーム(牡6、栗東・平田修厩舎)に注目したい。

 今年はフェブラリーS(G1)から始動。インティの勢いに屈するも2着を確保。続くかしわ記念(G1)を快勝し、マイルCS南部杯(G1)では1番人気に推されるも3着に終わる。チャンピオンズCでも1番人気に推されるが、無敗のクリソベリルに届かず2着し、この東京大賞典に臨む。

 実は2017年のチャンピオンズCから今年のかしわ記念までG1を8戦連続で連対しており、マイルCS南部杯3着でその記録は途切れてしまったが、2017年に勝利したチャンピオンズCで再び2着するなど、その実力は衰えていない。

 鞍上は昨年のかしわ記念から騎乗している主戦騎手のC.ルメール騎手。

 ゴールドドリームはデビューから6人の騎手(ドバイ遠征時のJ.モレイラ騎手を入れると7人)が騎乗しているが、ルメール騎手は全22戦のうち8回騎乗で3勝2着4回と連対率87.5%と高い数字を残している。

 昨年も東京大賞典にはゴールドドリームに騎乗しているが、ライバルと目されるオメガパフュームの差しに屈して2着と惜しい結果に終わっている。勝ち星で言うと11年前の2008年カネヒキリで挙げた1勝まで遡る。

 今回はオメガパフュームと再び同じ舞台で相まみえることになるだけに、昨年の雪辱を果たしたいところだろう。オメガパフュームの鞍上は昨年と同じM.デムーロ騎手だけに、その思いは強いはず。

 オメガパフュームとは2回対戦して、1勝ずつと五分の成績。前走のチャンピオンズCではゴールドドリームが大きく先着しているだけに、ここでも負けるわけにはいかないだろう。

 ゴールドドリームがここを勝てば、来年2月に開催されるサウジC(G1)に招待される可能性が高まる。招待されれば、予定されている引退を引き延ばして遠征する可能性もあるだけに、ファンはこの年末決戦の好走を願っているはずだ。

東京大賞典(G1)ゴールドドリーム「VSオメガパフューム」リベンジなるか!? 2019最後のG1獲りを狙うルメール騎手のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  6. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  7. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか