NEW

パチスロ6号機「内規緩和」のウワサ……2020年の回胴界はどんな1年になるのか【アニかつ・濱マモルの回胴酔虎伝Vol.8】

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ6号機「内規緩和」のウワサ……2020年の回胴界はどんな1年になるのか【アニかつ・濱マモルの回胴酔虎伝Vol.8】の画像1

 昨今リリースされたパチスロ6号機のお気に入りマシンについて熱弁した前回。第8回目となる今回の【回胴酔虎伝】でも、「アニマルかつみ」と「濱マモル」の2人にあれこれ語っていただこう。

●●●

6号機の内規緩和に関する噂がありますが、それについてはどう思われますか?

濱マモル(以下、濱):そういう話はあるようですね。

アニマルかつみ(以下、アニ):ちょいちょいそういう話は聞くけど、どうなんだろうね。まぁ法律の変更ではなくてあくまで緩和の話だし、押し順ペナルティとかフリーズをどうするかとか、そういう話だとは思うんだよね。

それにより、スラッシュATが復活か!? というような声も聞こえます。

濱:ベースの低いマシンが作れるってことですかね。

アニ:アクセルATにスラッシュAT……って、ガンズ・アンド・ローゼスかよ!

濱:確かに! 言われて今、気が付きました。アクセル・ローズにスラッシュ。ホントにガンズですね。

アニ:開発者はガンズが好きなのかなって思ってたよ。

濱:アクセルATは簡単に言うと「減るボーナス」を搭載して低ベース且つ初当り確率を上げたマシンですよね。

アニ:スラッシュATは目押しで成立役をこぼすことでベースを下げるマシンだったっけ、ざっくり言うと。

パチスロ6号機「内規緩和」のウワサ……2020年の回胴界はどんな1年になるのか【アニかつ・濱マモルの回胴酔虎伝Vol.8】の画像2

濱:どちらもKPEが作ったシステムですよね。そう考えると、コナミってあなどれないですね。

アニ:コナミでいえば、個人的に注目しているのは「ルーレット筐体」だね。

濱:6号機でもリリースされましたよね、『ドラゴンホイール』が。

アニ:近所にないからそれはまだ打ってないんだけど、5.9号機の『ルーレットクイーン』は面白かった。これでハーデスの出玉性能だったら最高だと思うんだよね。

濱:フリーズに特化したドラゴンホイールも、それなりに面白いようですよ。アタシも近所で見かけないんで打ててないですけど、破壊力はありそうですよね。

平和の4thリールマシン『花伝』はどう思われますか? 初当りの約9割で1000枚を獲得できる仕様だそうですが。

パチスロ6号機「内規緩和」のウワサ……2020年の回胴界はどんな1年になるのか【アニかつ・濱マモルの回胴酔虎伝Vol.8】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!