NEW

JRA武豊も「推奨」C.ルメール「余裕」の冬休み取得? 一方「2019大低迷」M.デムーロの涙ぐましい努力……

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA武豊も「推奨」C.ルメール「余裕」の冬休み取得? 一方「2019大低迷」M.デムーロの涙ぐましい努力……の画像1

 27日、JRAのC.ルメール騎手が2019年12月30日(月)~2020年1月8日(水)の期間で海外渡航届を提出。渡航先はアメリカ合衆国となる。

 アメリカといえばダート競馬の本場。年始からの海外遠征かと思いきや、目的は「私用」のようだ。表面上は海外渡航届だが、要は“年末年始休暇”ということなのだろう。

「ルメール騎手は、昨年も同期間にインドネシアへの海外渡航届を提出しています。今年はアメリカで、家族と年末年始を過ごすのでしょう」(競馬記者)

 欧州を始め、多くの競馬先進国が一定の休養期間を設けている一方、日本はほぼ”年中無休”で競馬を開催している。その背景には「開催すればするほど儲かるのが競馬」というJRAの商売根性が見え隠れしているわけだ。

 だが、ファンからは「ちゃんと休みを取った方がいい」といった声も。”ブラック開催”に異議を唱える識者も珍しくない。

 騎手会長を務めている武豊騎手も、以前ルメール騎手が”夏休み”を取った際は「さて、クリストフ・ルメール騎手が、今週末の競馬を休んでフランスに里帰り。

 いかにもフランス人らしい行動で、我々日本人もこういうことをスッとできるようになればいいなと、素直に思いました」と、自らの公式ホームページを通じて理解を示している。

 その一方、まだそういった動きが見られないのがM.デムーロ騎手だ。

昨年、ルメール騎手が“年末年始休暇”を取ったことが話題になったが、その際、デムーロ騎手も母国イタリアへ海外渡航届を提出していた。

ともにJRA騎手として活躍する外国人騎手が揃って「意思」を示した格好となったが、今年は現在のところルメール騎手だけが海外渡航届を提出している。

JRA武豊も「推奨」C.ルメール「余裕」の冬休み取得? 一方「2019大低迷」M.デムーロの涙ぐましい努力……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!