NEW

パチスロライターが「この時期」に感じる疑問……【濱マモルの のほほんコラムVol.26~冬のホール空調~】

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロライターが「この時期」に感じる疑問……【濱マモルの のほほんコラムVol.26~冬のホール空調~】の画像1

 冬が好きだ。極寒を耐え忍ぶ雪国の方々には正直言いづらいが、いつまでも冬が続いてほしいと願うほど冬が大好きなのである。

 重度の花粉症なだけに春はローテンション、というか不機嫌。夏は極度の暑がりであることから命の危険を感じ続けており、この2シーズンは1秒でも早く通過して欲しいと考えている。

 それだけに秋の声が聞こえると徐々にテンションはアップ。前回のコラムで書いた通り、年末年始は子供たちに容赦なく有り金を吸い取られてしまうものの、それでも毎年冬の到来を今か今かと待ちわびているのだ。

 冬が好きな理由は様々ある。冬の味覚が美味い。鍋が美味い。それをアテに飲む酒が美味い。日没時間が早いことから夕方4時くらいに缶チューハイのプルトップを開けても全く罪悪感がない…など、数え上げればそれこそ枚挙に暇がないわけだが、一方で少しばかりのデメリットもある。

 それは女性が厚着になってしまうこと、静電気、ホール空調…の3点で、とりわけホール空調には常に悩まされている。

 先にも述べた通り、アタシはかなりの暑がりだ。加えて暖房器具が苦手であり、室内を高温設定しているホールに長時間滞在すると汗が止まらない上に、頭も痛くなってきてしまうのである。

 それゆえ、そういったホール内では薄着になることで対処。雨が降ろうが雪が降ろうが、ホールの中では基本的にTシャツ1枚で過ごしている。

 Tシャツ1枚でレバーを叩いている人間はアタシひとり…なんてことは日常茶飯事。人は人、自分は自分…てな性格だけに、たとえば隣でダウンジャケットを着たまま打っている人にどう思われようが構わないし、むしろダウンジャケットは圧が凄いから脱いでもらえないかと思ってしまうが、問題は着信などでとっさにそのままホールの外に出た時だ。

 先日も北風吹く冷え込む夕刻時、Tシャツ1枚で電話をしていたら、キラキラと目を光らせた小さな子供に話しかけられたのだった。

「おじさん、寒くないの?」

 無論、多少は寒い。ただアタシも男だ。興味津々でこちらを見る坊やに弱さを見せてはならぬとばかりに「大丈夫だよ」と返した刹那、サニブラウンかケンブリッジかというほどの速さで坊やのもとへ駆け寄る母親。気温ひとケタの中、Tシャツ1枚で外にいる長髪ヒゲはどう大甘に自己分析しても胡散臭いわけで、あやうく通報されるところでした。

 みなさん、ホールの中って暑くないんですかねぇ。

(文=濱マモル)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パチスロライターが「この時期」に感じる疑問……【濱マモルの のほほんコラムVol.26~冬のホール空調~】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!