NEW

JRA武豊の同期・蛯名正義騎手「落馬重傷」で2019年終了……キャリア最低年間15勝「このまま引退?」が囁かれる事情

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA武豊の同期・蛯名正義騎手「落馬重傷」で2019年終了……キャリア最低年間15勝「このまま引退?」が囁かれる事情の画像1

 28日、中山競馬場で行われた2歳未勝利戦でグーガルドリームズに騎乗した蛯名正義騎手が、本馬場入場後に落馬。検査の結果、右踵骨粉砕骨折と診断された。

 2019年のJRA開催最終日となったこの日、関東を代表する大ベテランにとって、思わぬ形の今年最終騎乗となってしまった。

「まだキャリアの浅い2歳馬ということもあって、グーガルドリームズも相当イレ込んでいたようです。蛯名騎手が落馬した後、菅原明良騎手へ乗り替わりが発表されましたが、菅原騎手が駆けつける前に暴れて放馬……。

コースを3週ほどした後、結局、発走除外となりました。

蛯名騎手の全治など詳しい発表はまだですが、粉砕骨折ということで長期休養になると思います。騎手として微妙な時期なので、元気に復帰してくれればいいんですが……」(競馬記者)

 記者の言う「微妙な時期」とは、蛯名騎手が昨年、今年と調教師試験を受験していることだ。武豊騎手の同期としても有名で、来年には51歳。言い換えれば、騎手引退が目の前に迫っているということだ。

 実際に蛯名騎手は今年、調教師試験に向けて騎乗を制限していた。

 年間15勝はキャリア最低の成績だ。本人は「すぐに(騎手を)辞めることはない」と発言しているが、気持ちはすでに次のステージへ向いている。今年は残念ながら試験不合格となったが、蛯名騎手の実績を鑑みれば、来年の合格も十分にあり得る。

「心配ですが、幸い命に別条はない模様。長期休養になるのは残念ですが、怪我の功名ではないけど、この期間を有効利用してじっくり試験対策をしてほしいですね」(別の記者)

 状況を知ったファンも衝撃に包まれる中、ネット上のSNSなどを通じ「心配や……」「しっかり治してターフに帰って来て!」「このまま騎手引退になってほしくない」「復活待ってます!」など、蛯名騎手を気遣い応援する声が続々……。

 今年の調教師試験が不合格だった際、自身の公式Twitterを通じ「僕の心は全く折れてないよ!『継続は力なり』やっぱり馬が好きなんだよね」とコメントしていた蛯名騎手。思わぬアクシデントで2019年を終えることとなったが、復帰の日を楽しみに待ちたい。

JRA武豊の同期・蛯名正義騎手「落馬重傷」で2019年終了……キャリア最低年間15勝「このまま引退?」が囁かれる事情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!