NEW

JRAデムーロ「悪癖また」で美浦移籍も心配……東京大賞典(G1)久々勝利で復活の狼煙も、やっぱり成長なし?

【この記事のキーワード】

, , ,

JRAデムーロ「悪癖また」で美浦移籍も心配……東京大賞典(G1)久々勝利で復活の狼煙も、やっぱり成長なし?の画像1

 

 29日に大井競馬場で開催された東京大賞典(G1)は、2番人気オメガパフューム(牡4 栗東・安田翔伍厩舎)が道中好位後ろから直線での叩き合いを制し連覇達成。昨年の同レース、今年の帝王賞、そして今回と、まさに「大井競馬場の鬼」を証明した。2着にはノンコノユメ、3着にモジアナフレイバーと地方勢が入った。

 レースは好スタートを切った武豊鞍上アポロテネシーが逃げを打ち、それをケイティブレイブ、ゴールドドリームという人気サイドがピッタリ追いかけるという予想外の展開。それを尻目に、オメーがパフュームは中団前目の位置でしっかりと折り合った。4コーナーでM.デムーロがGOサインを出し、先頭集団を追いかけると、みるみる取り付いた。

 直線では外に持ち出されたオメガパフュームは、隣のゴールドドリーム、そのインにいるノンコノユメらと激しく叩き合う。しかし、道中脚を溜めた差はやはり大きかった。直線中程でゴールドドリームを突き放し、後続の抵抗も完封して優勝。さすがの強さを見せつけている。

「この秋はJBCクラシックをハナ差2着、チャンピオンズCでも馬券に絡めずと好走こそすれども結果が伴いませんでしたが、得意舞台で花開きましたね。

 鞍上のM.デムーロ騎手も、今年のオークス以来のG1制覇で喜び爆発。すでに来年から『美浦移籍』が報じられていますが、その弾みになる復活勝利といえるでしょう」(競馬ライター)

「もっと勝つために、自分も少し空気を変えた方がいいと思っていた」と美浦移籍への心境も語ったデムーロ騎手。栗東ではエージェント交代などゴタゴタもあり、昨年に比して乗鞍、馬質ともに目に見えて悪化していた。ある意味苦渋の決断だったかもしれない。

 しかし、今日の勝利で「デムーロここにあり」を示せた。これは多方面にいい影響があるだろう。

 ただ、その「悪癖」がまたも垣間見える部分があった。

「オメガパフュームの1着入線直後、例によって両手放しで腕を広げる『飛行機ポーズ』を披露したんです。これはデムーロ騎手がしばしばやるパフォーマンスなのですが、過去にはJRAのG1で披露して、危険ということで制裁を受けたことも。

 とかく感情の起伏が激しいジョッキーで成績にもムラがある傾向。さらに前ほど勝てなくなってしまった今、あまり『悪目立ち』する行為は印象がいいとはいえませんね。嬉しいのはわかりますが……」(同)

 課題は感情コントロールといえそうだ。

JRAデムーロ「悪癖また」で美浦移籍も心配……東京大賞典(G1)久々勝利で復活の狼煙も、やっぱり成長なし?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!