NEW

【中山金杯(G3)展望】ウインブライト&ラブリーデイに続くG1ホースへ! 未完の大器ザダル始動!!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【中山金杯(G3)展望】ウインブライト&ラブリーデイに続くG1ホースへ! 中距離王を目指す、猛者が集結!の画像1

 関東は、5日に中山競馬場で行われる中山金杯(G3)で幕を開ける。

 昨年、勝ったウインブライトはその後、香港でG1・2勝。2015年の覇者ラブリーデイもこの年G1・2勝を上げており、年々重要度が増している印象だ。

 今年も、ここを勝ってG1ホースの座を狙う猛者が集ったが、中心は重賞で好走を繰り返しているトリオンフ(セン5歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 すでに重賞2勝。G3ならトリオンフは格上の存在だ。1600万下の身で迎えた2017年だったが、年明け初戦に自己条件を勝ちあがると、2月の小倉大賞典(G3)であっさり重賞制覇。

 続く大阪杯(G1)ではトップホースの壁に跳ね返えされたが、出遅れながらも、まくるという味のある競馬だった。

 そこから切れ味勝負になった新潟大賞典(G3)こそ4着に敗れたが、その後はG3を2着、1着と安定。約1年ぶりの復帰戦となった前走のチャレンジC(G3)では果敢にハナを奪って、勝ったロードマイウェイとアタマ差の接戦に持ち込んでいる。

 待望のG1制覇を目指すトリオンフにとって、今回の敵はハンデか。なんとか58kgで収まれば、チャンスは十分だ。

 潜在能力なら、未完の大器ザダル(牡4歳、美浦・大竹正博厩舎)も飛躍を期す1頭だ。

 デビューから3連勝でプリンシパルS(L)を制覇。あえて日本ダービー(G1)には進まず、秋まで充電したが、復帰戦のセントライト記念(G2)でも3着と世代トップクラスの実力を示している。

 続く菊花賞(G1)では3000mが長すぎたのか13着に大敗……2000mに戻る中山金杯なら、能力を十分に発揮できるはずだ。

【中山金杯(G3)展望】ウインブライト&ラブリーデイに続くG1ホースへ! 未完の大器ザダル始動!!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事