NEW

パチンコ新台「1500発+1000発」!「一撃必殺」の出玉爆弾が乱舞する人気作を斬る!【激アツ新台実戦JUDGEMENT】

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ新台「1500発+1000発」!「一撃必殺」の出玉爆弾が乱舞する人気作を斬る!【激アツ新台実戦JUDGEMENT】の画像1

 ホットな新台をユーザーの感想を交えつつ掘り下げていくこのコーナー、【激アツ新台実戦JUDGEMENT】。今回のピックアップマシンは、同時期導入の超大物に喰われること必至と思われていたが、「甘く動く」の噂で一気に注目マシンとなった『Pバジリスク~甲賀忍法帖~2』(以下、Pバジ2)だ。

 パチンカー大好きワード「甘い」につられ多くファンが引きつけられたであろう『Pバジ2』。実際のところどうなのか、さまざまな角度から検証していきたいと思う。

 まずは前作『CRバジリスク~甲賀忍法帖~天膳の章(以下バジ天膳)』との比較から行っていきたい。「CR機」と「P機」では越えられない壁が立ちはだかるが、出玉性能の面でP機がどこまでCR機に迫れるか、一種の指標にもなるだろう。

 『Pバジ2』は平均連チャン数が約4.2回で平均獲得出玉約3800個となっている。対する『バジ天膳』は約3.3連で平均獲得出玉約3800個とほとんど変わらない数値である。

 この『Pバジ2』の出玉性能を支えるのが小当りRUSH付きの確変モード「神瞳術RUSH」で、10R確変大当りから突入するこの小当りRUSHは、1回のRUSHにつき平均1000個増、RUSH突入時の期待出玉は約6700個にものぼる。

 つまり、10R確変(1500発)+小当りRUSH(理論値1回1000発)が右打ち中は30%ループ。RUSHに漏れても通常の確変が42%分(トータルで確変継続率が72%)あるので、こちらのほうでも連チャンが期待できるのである。

 さらに、小当りにはロング開放により1回で約150発獲得できる「絆乱舞」も存在するので、RUSH突入時の大量出玉獲得の夢は広がるばかりである。

 さらに、初当りの50%でこの10R確変(1500発)+小当りRUSHが当選(PremiumバジリスクBONUS)と、従来機より連チャンモードに対する受け入れ体制が優遇されている分、心理的にも打ちやすくなっている工夫がうかがえる。

 

 と、このように「神瞳術RUSH」を中心にした出玉性能を見てきたが、初打ちを終えた私の体感からいえばもう少し慎重になることも必要である気がする。「小当りがもっさり」「絆取れないとなかなか増えない」「70回転で300発くらいしか増えなかった」と厳しい意見も多い。

 小当りRUSHはアタッカー周りの調整や「絆乱舞」の引きに左右されそうだが、小当り確率が1/1.95と「爽快感」という意味では微妙な確率に加え、1個も拾わないこともあれば3個入賞する時もあるなどアタッカーの拾いにもわりとムラがある印象である。

パチンコ新台「1500発+1000発」!「一撃必殺」の出玉爆弾が乱舞する人気作を斬る!【激アツ新台実戦JUDGEMENT】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!