NEW

NHK紅白「打ち切り」確実の理由……最低視聴率更新だけでは終わらない「地獄の基準」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK紅白「打ち切り」確実の理由……最低視聴率更新だけでは終わらない「地獄の基準」とはの画像1

 

 2019年大晦日の『NHK紅白歌合戦』は、平均視聴率が、37・3%(2部)となり紅白史上最低だったことが2日、分かった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 やはり、数字下落を止めることはできなかった。ことしは米津玄師(VTRでコメント出演)やあいみょん、スピッツなど目玉になるべきアーティストがこぞって出場せず。結局ジャニーズとAKB・坂道グループを中心とした構成で「口パク」も目立っていた。

「今年はとりわけ目玉もなく、見どころもなく、という感じではありましたね。嵐を前目に押し出すことで盛り上がりを図りましたが、失敗、といったところでしょうか。

 NHKは昨年大河ドラマ『いだてん』で同枠の最低視聴率を更新してしまいましたが、紅白でも最低となってしまいました。

 しかもどちらも『2020東京五輪』がらみの番組構成ということで、気合いが空回りしている印象。東京五輪本番も嵐に頼るようですが、少々心配ですね」(記者)

 踏んだり蹴ったりのNHK。最近では「受信料で何やってるんだ」「無駄遣い」と厳しい意見も散見されている。

 そんな中、とんでもない「可能性」を語る筋もある。

「来年、再来年と視聴率が下落して20%台にまで落ち込んだ場合、少なくとも『紅白終了』は十分ありそうな気がします。

 もともと多額の制作費がかかり『受信料で何を』という意見が多いですが、国内の3分の1未満しか見ないとなれば、さすがに存在意義に関わりますよね。それは大河ドラマも同じで、こちらはすでに存亡の危機といえるかもしれません。

 最近は世間の監視が厳しくなっていますし、NHKは今一度『公共放送』の原点に立ち返るべきではないでしょうか」(関係者)

 令和になったということで、タイミング的には悪くない?

NHK紅白「打ち切り」確実の理由……最低視聴率更新だけでは終わらない「地獄の基準」とはのページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!