NEW

JRA中山金杯(G3)は「3点」で完全攻略を狙う! 信頼の「現場ネタ」が導く「超勝負馬」を紹介!!

【この記事のキーワード】

, ,

「現場情報至上主義・ジェームスT」が2020年の初戦に選んだのは5日に開催される中山金杯(G3)だ。入手した渾身の「現場ネタ」で完全攻略を狙う。確信の「3点」で挑みたいと思う。

「◎」に選んだのは、充実ぶりが目立つクレッシェンドラヴ(牡6、美浦・林徹厩舎)だ。

JRA中山金杯(G3)は「3点」で完全攻略を狙う! 信頼の「現場ネタ」が導く「超勝負馬」を紹介!!の画像1

 

 5歳になって本格化を迎えた印象の本馬。自己条件を突破して臨んだ福島民報杯、七夕賞を連続で2着と好走した。続くオールカマーも、強豪相手に5着を確保している。

 前走の福島記念では、早めの競馬からステイフーリッシュやミッキースワローという格上馬を打ち負かして勝利。人気に応え、念願の重賞初制覇を飾った。

 中山の芝コースは9戦して4勝、2着1回。適性の高さは疑いようがない。ハンデ57キロを背負う点は気になるが「鞍上(内田博幸騎手)に競馬を教えてもらい幅が出てきた。頑張ってくれると思う」と陣営は非常に前向きだ。

 稽古の動きも上々。仕上がりに不安は感じられない。「順調に来られた。良い状態で臨めそう。期待したい」と、勝負気配漂うココは外すことができないだろう。

「〇」は安定感が魅力のウインイクシード(牡6、美浦・鈴木伸尋厩舎)だ。

 堅実な走りを見せてきた本馬だが、特に昨秋の走りは高く評価できる。福島記念4着、ディセンバーS2着と順位が上昇。こちらも充実一途を辿っている。このメンバー相手なら上位争いは十分に可能だろう。

「力を出せる状態に仕上がっているね。『年末の追い切りも十分な動きだった。休み明け3戦目の今回は走り頃だと思う』と陣営も好走を確信しているようだ。

中山2000mは4戦して全て掲示板と相性は抜群。『中山は得意。ハンデも手頃だし楽しみにしている』と色気十分なココは怖い存在だ」(競馬関係者)

JRA中山金杯(G3)は「3点」で完全攻略を狙う! 信頼の「現場ネタ」が導く「超勝負馬」を紹介!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!