NEW

JRA藤田菜七子「O.マーフィーで根岸S」でコパノキッキング降板……「もう1度、あの競馬を」Dr.コパの言葉と陣営の狙い

JRA藤田菜七子「O.マーフィーで根岸S」でコパノキッキング降板……「もう1度、あの競馬を」Dr.コパの言葉と陣営の狙いの画像1

 6日、昨年12月のカペラS(G3)を勝ったコパノキッキング(セン5歳、栗東・村山明厩舎)が、2月の根岸S(G3)から始動することがわかった。鞍上は、昨年同様O.マーフィー騎手になる見込みだ。

 昨年このレースを制し、本番のフェブラリーS(G1)で5着だったコパノキッキング。

 管理する村山明調教師によると、今年も同様にここからフェブラリーSへ向かう見込みだが、マーフィー騎手が帰国することもあって「ジョッキーは未定」という。

 コパノキッキングといえば、昨年は藤田菜七子騎手とのコンビで重賞2勝。菜七子騎手にとって重賞初勝利だったこともあり、大きな注目を集めた。

 しかし、ここでコンビを解消。前走のカペラSでは2着に2馬身半差をつける見事な騎乗だっただけに、意外な選択にも思えるが……。

「オーナーのDr.コパさんは、以前から『一競馬ファンとして、菜七子に重賞を勝たせるのが私の使命』とおっしゃっていましたから、それを実現したことで一区切りついたのは確かでしょう。

その一方で、カペラS後には『今年は村山調教師に随分とわがままを聞いてもらったから、来年はレースも騎手も全て任せる』とコメント。その結果、マーフィー騎手とのコンビ再結成になりました。

マーフィー騎手とは昨年の根岸Sを勝ったコンビですし『勝つ』という意味では、これ以上ないジョッキーだと思います」(競馬記者)

 実際にDr.コパこと、小林祥晃オーナーは昨年の根岸S後に「マーフィーは上手いねえ」と、その手腕を絶賛。陣営から絶大な信頼があることは間違いといえるだろう。

 その上で、記者は『陣営がフェブラリーSを本気で獲りに来ているのでは』と語る。

JRA藤田菜七子「O.マーフィーで根岸S」でコパノキッキング降板……「もう1度、あの競馬を」Dr.コパの言葉と陣営の狙いのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!