NEW

パチスロ『北斗の拳 天昇』まだまだ狙う価値アリ!「52戦の実戦結果」で確信!!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ『北斗の拳 天昇』まだまだ狙う価値アリ!「52戦の実戦結果」で確信!!の画像1

 大松のパチスロ「ハイエナ実戦」。今回は『パチスロ 北斗の拳 天昇』は本当に勝てるのか、実戦結果を元に検証していきたい。

 本機の狙い目についてはかなり有名になってしまった。有利区間のリセット法則が規則的で、「激闘ボーナス2回」か「AT当選」でリセットである。

 俗説では内部的に「有利区間1000ゲーム」を起点に次回のモードが抽選されていると言われており、前回が650ゲームで「激闘ボーナス」に当選していれば、次回は250ゲームまでの当選が濃厚となるようだ。前回が450ゲームならば次回も450ゲーム以内である。

 実戦値でもおおよそ俗説通りの挙動になっているが、狙う際の注意点として「前回350ゲーム付近での当選」の場合は次回650ゲームが天井に選ばれる可能性もあることだ。

 つまり、この「天井の短縮」は1000ゲームギリギリまで選択される可能性があることを頭に入れておきたい。

 この狙い目は一般的に「奇数スルー狙い」と言われている。前回が450ゲーム以上での当選であれば0ゲームからでも狙い目である。

 加えて、筆者の場合は「100ゲーム以上で且つ勝舞2つ以上」の台も狙うようにしている。勝舞とは激闘ボーナスを有利に進めるアイテムのようなものである。これは多ければ多いほど良い。

 

パチスロ『北斗の拳 天昇』まだまだ狙う価値アリ!「52戦の実戦結果」で確信!!の画像2

 

 結果から言えばこの立ち回り52回の実戦で6000枚ほどのプラスになっている。実際のところは狙い目が有名なので良いところで台が空いていない、という状況が多い。

 しかし、それでも土日祝日などは何度か座れたりするので30分に1回程度見に行く価値はまだ充分にある。

パチスロ『北斗の拳 天昇』まだまだ狙う価値アリ!「52戦の実戦結果」で確信!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事