NEW

JRAルーツドール「フィエールマン妹」良血牝馬の真価を発揮⁉ シンザン記念(G3)からクラシックを席巻するか?

【この記事のキーワード】

, , ,

JRAルーツドール「フィエールマン妹」良血牝馬の真価を発揮⁉ シンザン記念(G3)からクラシックを席巻するか?の画像1

 12日(日)に京都競馬場にて3歳初の重賞、シンザン記念(G3)が開催される。

 一昨年、アーモンドアイがここを制して牝馬3冠を手に入れたほか、過去にはペルシアンナイト、ジェンティルドンナ、マルセリーナ、ミッキーアイル、オルフェーヴルなど錚々たるメンバーがここで好走し、G1の栄冠を手に入れている。

 そういう意味では出世レースとも言える一戦だと言える。

 今年も有力馬がそろったが、良血牝馬2頭に注目が集まっている。その1頭がルーツドール(牝3、栗東・藤岡健一厩舎)だ。

 父・ジャスタウェイ、母・リュヌドール(母の父Green Tune)という血統で、去年の天皇賞・春(G1)、一昨年の菊花賞(G1)を制したフィエールマンの半妹という良血馬だ。

 フィエールマンは父・ディープインパクトということで、中長距離馬としての素質が色濃く出ているが、ルーツドールは父がジャスタウェイに替わったことで、血統的にはマイルから中距離に向いていると考えられる。

 この点、陣営では「体形から本来は長い距離で良さそうだが、マイルにも対応できたからね。春のためにもきっちり結果を出しておきたい」と藤岡調教師はコメントしており、クラシックだけではなく、その先まで見据えているようだ。

 ルーツドールは昨年11月の東京でデビューしたが、この新馬戦が圧巻だった。

 好スタートから終始2番手につける競馬で順調にレースを進め、4コーナーから直線に向いて一気にエンジンがかかって抜け出す。直線では持ったまま追われることもなく後続との差を広げる一方で、残り200mですでに2馬身程度の差がついていたが、ゴールではさらに差を広げ、結果的に5馬身差の圧勝を飾った。

 参考までに、同じく出世レースとして名が知れているアルテミスS(G3)の勝ちタイムが1:34:3。ルーツドールの新馬戦の勝ちタイムはアルテミスSと同コースで、1:33:3と重賞より1秒も速い好タイムで勝ち上がっているのだ。

 また、2歳女王決定戦の阪神JF(G1)の2着馬のタイムが1:33:5。同距離ながら別コースなので、単純な比較はできないがG1級のレースでも十分通用する実力を持っていると考えられる。

 シンザン記念でももう1頭の良血牝馬、サンクテュエールと人気を分け合う可能性が高いが、マイル戦だけにここでも実力を見せつけるレースを見せてくれるのではなかろうか。

 今年のクラシックを盛り上げてくれる1頭になるかどうか。シンザン記念でその真価が試される。

JRAルーツドール「フィエールマン妹」良血牝馬の真価を発揮⁉ シンザン記念(G3)からクラシックを席巻するか?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!