NEW

JRA川田将雅「銀髪」の決意……打倒ルメールへ見た目から進化!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA川田将雅「銀髪」の決意……打倒ルメールへ見た目から進化!?の画像1

 6日(月)、京都競馬場で開催された万葉S(芝3000m)は、川田将雅騎手が騎乗して1番人気に支持されたタガノディアマンテ(牡4歳、栗東・鮫島一歩厩舎)が2着に3馬身半差をつけて快勝。今後は天皇賞・春(G1)を目標としたローテーションが組まれる予定となっている。

 レースでタガノディアマンテは出遅れたものの、川田騎手は落ち着いて進路を内へ。そのままロスなく回り、スローペースの展開であることを見越してからは外に出し、中団まであがる。そして最後の直線を迎えると、一気に抜け出してそのままゴール。馬の実力もさることながら、川田騎手の判断が冴え渡る1戦だった。

 川田騎手はこの土日で5勝。O.マーフィー騎手が8勝をあげたため、リーディングは現時点で2位だが、勝率では4割5分5厘とマーフィー騎手も上回っている。

「昨年は長らく騎手リーディングのトップをひた走っていたものの、後半に怒涛のチャージを見せたC.ルメール騎手に抜かれてしまい、無念の2位。ですが、ルメール騎手に騎手4冠のうち、勝利数、賞金部門、MVJは奪われたものの、13、14年に次いで3度目の最高勝率騎手に輝き、意地を見せました。

 昨年は勝利数でルメール騎手を上回ることが出来ずに涙を飲みましたが、それだけに今年にかける思いは強いはず。今年こそは、2016年度の戸崎圭太騎手以来となる日本人のリーディングジョッキーが誕生するかもしれません」(競馬誌ライター)

 好スタートを切った川田騎手。ファンからの期待も高まる一方だが、意外なところに注目した人たちも多かったようだ。

「川田騎手の髪色がシルバーアッシュに染められていたんですよ。JRAきってのイケメンですし、とても似合っているのですが、突然の変更に戸惑う人もいたみたいですね。川田騎手は普段からオシャレで身だしなみには気をつけているタイプ。過去には金髪にしたこともありました。気分を一新するために髪色をガラリと変えたのではないでしょうか? 川田騎手なりの気持ちの表れだと思いますよ」(競馬記者)

 心機一転を図ったと考えられる川田騎手。今年こそは打倒ルメールを果たし、トップに君臨する!?

JRA川田将雅「銀髪」の決意……打倒ルメールへ見た目から進化!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  3. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  6. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  7. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  8. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話