NEW

パチスロ6号機『ジャグラー』ついに降臨!話題のスペックは「激アマ」仕様!?【新台プレス発表会『北電子』編】

パチスロ6号機『ジャグラー』ついに降臨!話題のスペックは「激アマ」仕様!?【新台プレス発表会『北電子』編】の画像1

 

 パチスロ界で模範となるノーマルタイプを作り続けてきたメーカー・北電子。そんな同社が誇る人気機種『ジャグラー』初の6号機が、ついに我々の前に姿を現した。

 今回は『新ジャグラー』の新機種発表会の様子をお届けしたい。

 ついにベールを脱いだ本機の名はなんと『アイムジャグラーEX』であった。初の5号機ジャグラーと全く同じ名前が付けられている。

パチスロ6号機『ジャグラー』ついに降臨!話題のスペックは「激アマ」仕様!?【新台プレス発表会『北電子』編】の画像2

 これにはキチンと理由がある。代表取締役の小林友也氏、顧客需要調査室室長の川崎俊也氏の両名によれば「我々は変わらぬ楽しさを提供したい。入れ替え後にユーザーの方々が新機種だと気付かないことが目標。それほど旧アイムジャグラーEXに寄せた」とのことだ。

 確かに、ステージから白煙を切って登場した筐体は5号機の『アイムジャグラーEX』に酷似している。しかし、もちろん全く同じではない。リール上部には「JUGGLER」と書かれたロゴが用意されている。実はフルモデルチェンジしているのだ。

 続いて川崎俊也氏とパチスロライター・ガリぞう氏とのパネルトークで進められた。まず話題になったのが「ボーナスの新告知方法」だ。上述したロゴがレインボーに光る告知、「CHANCE」が点灯する告知などが発表された。後者の告知は「ジャグラーV」以来だという。

パチスロ6号機『ジャグラー』ついに降臨!話題のスペックは「激アマ」仕様!?【新台プレス発表会『北電子』編】の画像3

 次に話題に上がったのがスペックである。BBは252枚獲得、RBは96枚となっている。ベースは約40ゲームとのことだ。

パチスロ6号機『ジャグラー』ついに降臨!話題のスペックは「激アマ」仕様!?【新台プレス発表会『北電子』編】の画像4

 5号機と比べ「BBは60枚減少」「RBは8枚減少」「コイン持ちは約5ゲーム加算」となった。特筆すべきは全体のボーナス確率と出玉率が上がっている点だ。

パチスロ6号機『ジャグラー』ついに降臨!話題のスペックは「激アマ」仕様!?【新台プレス発表会『北電子』編】の画像5

 特に出玉率が上がった点はガリぞう氏も感嘆の声を漏らしていた。

 6号機の基準により、ノーマルタイプのビッグボーナスは理論上最大約280枚が限界である。ボーナス確率を考えれば、252枚という獲得はかなり攻めた数字である。

パチスロ6号機『ジャグラー』ついに降臨!話題のスペックは「激アマ」仕様!?【新台プレス発表会『北電子』編】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事