NEW

JRAアドマイヤマーズ「落選」サートゥルナーリアが3歳王者に疑問?国内外G1制覇なのに……

JRAアドマイヤマーズ「落選」サートゥルナーリアが3歳王者に疑問?国内外G1制覇なのに……の画像1

 2019年度JRA賞競走馬部門が発表された。記者投票の結果に基づき、今回はリスグラシューが年度代表馬&最優秀4歳以上牝馬の2冠を達成。最優秀2歳牡馬には2位に大差をつけてコントレイル、最優秀2歳牝馬には満票でレシステンシアが選出されている。

 圧倒的な票を集めて選出された馬たちがいた一方、混戦を辛くも制した馬もいたようだ。なかでも今回最も票差が少なかった最優秀3歳牡馬の選出には疑問の声も上がっている。今回124票を獲得して選出されたのは、皐月賞馬サートゥルナーリアで、2位のアドマイヤマーズは17票差で涙を飲んだ。

 サートゥルナーリアは圧倒的な支持を得た日本ダービー(G1)では4着、2番人気だった天皇賞・秋(G1)で6着と、ここ一番で取りこぼしも目立った。だが、G1馬が11頭も集結した有馬記念(G1)では後方から脚を伸ばして殊勲の2着。勝ち馬リスグラシューからは、5馬身差をつけられたものの、強力なメンバーを相手に堂々とした走りを見せている。

 一方、アドマイヤマーズは主戦のM.デムーロ騎手を背にNHKマイルC(G1)を優勝。だが秋の初戦の富士S(G3)では一番人気ながら、最後の直線で伸びを欠き9着と惨敗。レース後、デムーロ騎手は「直線はずっと左にモタれていた」と語り、「久々でしたし、使って良くなってほしいです」と今後の巻き返しに期待を寄せた。

 そして迎えた香港マイル(G1)では、鞍上がC.スミヨン騎手にチェンジ。昨年から今年まで10連勝を果たしていたビューティージェネレーションらが、先行争いを繰り広げるなか、それを見る形で5番手で進む。そして最後の直線で外に出されると先行勢を交わしてトップに立ち、さらに外から脚を伸ばしてきたワイククを抑えて勝利。史上初めて3歳馬による優勝を達成している。

「サートゥルナーリアはG1競走1勝で、アドマイヤマーズは国内外で2つのG1を制覇。ここだけ見ればアドマイヤマーズが最優秀3歳牡馬になってもおかしくはず。ただアドマイヤマーズは富士Sでの惨敗でネガティブな印象が強く残っていた可能性があります。それが最後の最後まで尾を引いたのではないでしょうか。

 サートゥルナーリアも天皇賞・秋では6着だったものの、あのときは相手がアーモンドアイ、ダノンプレミアム、ワグネリアンなど名だたる一線級が相手でしたからね。負けて強しと判断されたのでは? それに神戸新聞杯でも圧巻のパフォーマンスを見せましたし、有馬記念では国内での強力なメンバーを相手に互角以上に渡り合っています。そのため、アドマイヤマーズよりもポジティブなイメージがありますね」(競馬誌ライター)

 今回はサートゥルナーリアに軍配が上がったが、これが絶対的な評価というわけではないはずだ。アドマイヤマーズ陣営にはこの悔しさをバネに、今年は最優秀4歳牡馬どころか年度代表馬に選出されるだけの活躍を見せたもらいたい。

JRAアドマイヤマーズ「落選」サートゥルナーリアが3歳王者に疑問?国内外G1制覇なのに……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  8. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!
  9. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  10. 元JRA藤沢和雄氏「悲願」の陰にあったある牝馬の物語……超異例「5歳夏」デビュー馬がたどり着いたG1舞台と引退直後の秘話