NEW

パチスロ「やはり北斗は甘い!」……昇舞魂の中身は「なんと○○」だった!?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ「やはり北斗は甘い!」……昇舞魂の中身は「なんと○○」だった!?の画像1

 大松のパチスロ「ハイエナ」実戦。今回は2020年1月4日の実戦について書いていきたい。

 前日まで三ヶ日なのでまだまだ日本全国お正月気分であろう。という予想の元に午後からの実戦である。

 とりあえずは近所の中型ホールへと足を向ける。客付きは通常営業日の夜と同程度といったところ。

 1周見て回るものの、めぼしい台は206ゲームヤメの『ルパン三世 イタリアの夢』くらいのものだった。プラスが見込める状態なのでコレを打つことにする。

 616ゲームから前兆が始まりATに当選、投資は貯メダル368枚だ。残念ながらナビ5回の「ルパンボーナス」が選択され、有利区間ランプも消灯。また台探しの旅が始まる。

 スッと『パチスロ 北斗の拳 天昇』のシマを覗くと前回442ゲームで激闘ボーナスに当選して1ゲームヤメの「奇数スルー台」を発見。

 439ゲームに激闘ボーナスに当選するも2戦負け。残念ではあるもののベルが良く揃うため結果的に201枚の損で済んだ。

 この日はあと3台、同機種を打つことになる。その内の1台が何とか形になってくれた。102ゲームヤメで昇舞魂を3つ保有していた台である。

 運良く240ゲームで激闘ボーナスに当選、昇舞魂は3つのままであった。意外であったのはその中身だ。

 昇舞魂は、そのほとんどが「小役レベル1UP」か「バトルレベル1UP」に変換される。私は1つ1つボタンを押すのが怖いのでレバーを叩き演出を飛ばしてしまう。

 すると何やら違和感がある。台枠がレインボーではないか。パッと対戦相手欄を見ると下に「百裂」の文字が表示されていた。この場合もちろんAT当選が濃厚である。

 恐らく昇舞魂がAT濃厚の「百裂」に変換されたか、複数個「撃破」に変換されたのであろう。1つの昇舞魂で「撃破×2」や「小役レベル5UP」までは見たことがあったが、これは粋なお年玉だ。

パチスロ「やはり北斗は甘い!」……昇舞魂の中身は「なんと○○」だった!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!