NEW

パチンコ愛され続ける「名シリーズ」最新作! 挑戦した「新ゲーム性」の評価は……

【この記事のキーワード】

, , ,

パチンコ愛され続ける「名シリーズ」最新作! 挑戦した「新ゲーム性」の評価は……の画像1

 シリーズ史上最大のパトランプを搭載した平和グループ・アムテックスの最新パチンコキュインぱちんこ P南国育ちデカパトver.』が1月6日、ホールデビュー。パトランプの気持ちよさと単純明快さをとことん追求したというゲーム性が、早くも賛否を巻き起こしている。

 本機はミドルスペックの小当りRUSH搭載機で、大当り確率は315.0分の1。金図柄揃いの「スーパー南国ボーナスゴールデン」は確変+小当りRUSH「ゴールデン必翔チャンス」、奇数図柄揃いの「スーパー南国ボーナス」は確変「必翔チャンス」。

 偶数図柄揃い時の「南国ボーナス」はチャンスタイム100回に突入し、これら図柄揃いはいずれも10R→1500個の出玉獲得が約束される。確変を射止められれば、その時点で3000個以上の出玉獲得が見込めるというわけだ。

 また、通常時の必翔図柄出現(2R・70個)は必翔チャンス直行。必翔チャンス中やチャンスタイム中に同図柄が出現した場合はゴールデン必翔チャンスへと昇格する。

 通常時の確変割合は55%で、その内訳はゴールデン必翔チャンス→3%、スーパー南国ボーナス→42%、必翔図柄出現→10%(南国ボーナス→45%)。大当り確率が49.0分の1までアップする確変継続率(時短込み)は約67.2%で、小当り確率は2.0分の1だ。

 通常時は「南国モード」「沖縄モード」「ハワイモード」の3種類から好みで選択でき、連続するほどチャンスを迎える「リプレイ先読み予告」、発生した時点で期待度特大の「蝶群予告」などは全モード共通演出。電サポ中は「南国モード」「バタフライモード」の2種類が用意され、大当り中にも様々な演出が隠されている。

 以上が本機の概要だが、南国といえば青い海であり、今回の演出はとにかく某人気シリーズの演出に似ていると評判だ。

 大当り時の約4分の1でノーマルリーチが選択される=アツいパターンに発展せずとも常にドキドキできるというメリットはあるものの、従来の南国シリーズファンからは「別物」との声も聞こえる。


 出玉面については小当りRUSHと聞くと荒波仕様と捉えがちだが、本機のそれはどちらかといえば「オマケ程度」との意見が多数。

 その分「比較的まったりと遊べる」とのことで、伸るか反るかのマシンが苦手なプレイヤーにはオススメといえそうだ。 

 


 


 

パチンコ愛され続ける「名シリーズ」最新作! 挑戦した「新ゲーム性」の評価は……のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事