NEW

JRAシンザン記念(G3)も「少点数」で完全攻略へ! 強力「現場ネタ」で2週「連続的中」を確信!!

【この記事のキーワード】, ,

「現場情報至上主義・ジェームスT」の2020年は好スタート。先週の中山金杯で、馬連「3点」的中を果たしている。

「上積みも見込める」と陣営が自信を覗かせていたトリオンフが情報通りの好走で勝利。「ココは外せない」と関係者の評価が上々だったウインイクシード(6番人気)が2着に入り、馬連「2550円」をゲットした。

 この勢いに乗って連続的中を果たしたい。今週は、12日(日)に開催されるシンザン記念(G3)で勝負。関係者より仕入れた「有力ネタ」で完全攻略を狙いたいと思う。

 本命◎はアルテミスSの2着馬サンクテュエール(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)だ

JRAシンザン記念(G3)も「少点数」で完全攻略へ! 強力「現場ネタ」で2週「連続的中」を確信!!の画像1

 新馬戦はメンバー中最速となる33.6秒の末脚を繰り出し勝利。後続に1馬身以上の差を付ける圧勝だった。続くアルテミスSはリアアメリアに敗れたが、0.1秒差の2着という結果は評価できる。

 今回のメンバーでは唯一の重賞連対馬。実績は間違いなく上位だ。好状態で臨めそうなココは当然の主役だろう。

「稽古の動きは文句なし。『前走よりも良い』と陣営のトーンは高いよ。前走はあっさり負けてしまったけど、『あの頃とは気持ちも体も違う』と愛馬の成長に自信を覗かせている。『鞍上(C.ルメール騎手)が京都は乗り慣れている。心配はない』と、勝ち気満々のココは外す理由がないでしょ」(競馬関係者)

 〇には朝日杯FSで4着と好走したタガノビューティー(牡3、栗東・西園正都厩舎)を指名した。

 ダート2戦を圧倒的な内容で連勝。そんな実力馬は、前走の朝日杯FSで芝適性の高さも証明した。後方から強力な末脚を炸裂させ4着を確保。初の芝コース・G1の舞台と考えれば、この結果は高く評価できる。

 レース内容に陣営も「内容は濃かった。芝でもやれることが分かった」と大きな自信を得た様子。「今後を見据える意味でも最低2着は欲しい。この相手関係なら期待できる」と色気十分なココは上位争いが濃厚だ。

JRAシンザン記念(G3)も「少点数」で完全攻略へ! 強力「現場ネタ」で2週「連続的中」を確信!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  3. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  7. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?