NEW

パチンコ「8万発」も狙える爆裂!「30秒」に魅力が凝縮!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「8万発」も狙える爆裂!「30秒」に魅力が凝縮!!の画像1

 

 右打ち中、超面白くね?

 大人気賭博マンガに触発され、「三段クルーン」なる現実味の乏しいと思われた役物を実際に搭載し一躍脚光を浴びた『天龍∞(インフィニティ)』。その挑戦的な姿勢と無限大の可能性を秘めた出玉性能をコンセプトに持つ「∞シリーズ」の第二弾が本機『鳳凰∞』である。

 この『鳳凰∞』もまた「クルーン」という名のマルホン魂を持っているが、単純な役物機ではなく、その使い所に特徴がある。

 本機は1種2種混合機で、メインデジタルとなる7セグで図柄が揃えば大当り。この大当りのうち、74%で時短1回の「∞ゲーム」に突入し、まとまった出玉を得る機会が訪れる。ちなみにこの抽選に漏れると2R分の出玉以外にはなんの特典もなく、再び大当り確率1/312.5を目指す通常モードに戻る。

 さて、「∞ゲーム」では時短1回分の抽選結果が最大30秒で表示されるようになっている。30秒の間で7セグが次々と回転し、予告やリーチなど当るかどうかを盛り上げる。

 大当りの告知はいつどのタイミングで表示される(図柄の3つ揃い)かわらかないようになっており、即当りすることもあれば30秒間めいいっぱい煽って最後のギリギリで大当りすることもある。

 この∞ゲームでは30秒をカウントダウンするミニセグが搭載されているが、この表示が30秒になるとメイン7セグがブラックアウトし「0」図柄を左→右→上の順に点灯させていく。ここでJ図柄が揃うと∞ゲーム終了のピンチとなる。

 先の∞ゲームで大当りしなかった場合に「クルーン」の出番となる。「転生クルーンチャレンジ」と名付けられたこのステップは文字通り引き戻しを賭けた大一番。1発の玉がクルーン内に発射され、完全物理抽選に運命を委ねるのである。

 見事玉が赤く縁取られた大当り穴に入賞すれば9R+∞ゲーム復帰となり、再びループ率80%の連チャンゾーンに突入する。

 このクルーンによる引き戻し期待度はだいたい30%。ネカセによってその割合が変化するので、良い調整の台であれば引き戻し率、ひるがえって連チャン率がアップするのである。

 クルーンによる復活or死(出玉なし&通常時戻り)のひりつくような勝負も、もちろん見応えがあるのが、私が冒頭で面白いと言った右打ちは「∞ゲーム」なのである。

パチンコ「8万発」も狙える爆裂!「30秒」に魅力が凝縮!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事