NEW

パチスロ「極限ストックシステム」搭載!「名機」復活に高まる期待!!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ「極限ストックシステム」搭載!「名機」復活に高まる期待!!の画像1

 

 先鋭メーカー・エンターライズ初のパチスロ6号機『新鬼武者~DAWN OF DREAMS』の詳細が明らかとなりつつある。今回は現時点で入手している情報を余すことなくお伝えしよう。

 新筐体「DEEP」を身にまとった本機は、1G純増約3.0枚のAT機能「幻魔闘BONUS」が出玉増加の鍵を握る。主な当選ルートは前兆、CZ「目覚めよ鬼」の2種類で、前兆へはゲーム数消化やチャンス役などの直撃抽選クリアで移行。前兆ステージ「醍醐の花見」はボーナス期待度約30%で、襖演出の発生でさらなるチャンスを迎える。

 CZはスイカを機に突入し、ボーナス期待度は約40%。10G+αの継続中はチャンスアップパターンの発生で文字通り期待度大となり、最終的に開眼すればボーナスが約束される。

 通常時のステージは「桜道ステージ」「瑠璃堂ステージ」「夜ステージ」の3種類で、基本は桜道ステージに滞在している模様。瑠璃堂ステージは高確示唆の役割を担い、夜ステージは超高確や前兆の可能性が高まるようだ。

 ボーナス当選時は基本的に赤7・赤7・BARが揃った後に「鬼ノ試練」がスタートし、ここでバトルに3連勝できれば幻魔闘ボーナスへの昇格と共に特化ゾーン突入が確定。

 バトルは初戦の勝率が50%以上で、勝利するたびにその勝率が上昇、すなわち2戦目・3戦目と続くほど勝ちやすくなるわけだ。

 赤7or青7揃いで始まる幻魔闘ボーナスは1戦13G×3セット。2勝で継続、3戦全勝で特化ゾーン突入と勝利数に応じて報酬が変化し、継続時は「鬼斬一閃」で報酬が告知される。モンスターハンター月下雷鳴でいうところの「剥ぎ取りチャンス」と考えてよいだろう。

 バトルの勝利期待度は対戦キャラの組み合わせで変化。青7揃いからの幻魔闘ボーナスは3連勝に大きな期待が持てる。 

 主な特化ゾーンは「追想ノ舞」「蒼剣乱舞」の2種類で、どちらもVストック大量獲得に期待。「蒼剣乱舞覚醒」と呼ばれる最強特化ゾーンもあるようで、これに突入すれば毎ゲーム高確率でVストックが加算されるようだ。

 以上が本機の基本概要。10年の歳月を経て復活した史上最凶パチスロは、3月下旬の導入予定だ。

パチスロ「極限ストックシステム」搭載!「名機」復活に高まる期待!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事