NEW

JRAから「注意」内田博幸騎手「新エージェント」は女帝!? 超有力エージェント解約で心機一転も……

【この記事のキーワード】, , ,

JRAから「注意」内田博幸騎手「新エージェント」は女帝!? 超有力エージェント解約で心機一転も……の画像1

 昨年、リーディング23位の50勝に終わった内田博幸騎手。

 今年から新エージェントを迎え、心機一転を図っているようだが、どうやらJRA(日本中央競馬会)から注意を受けたことが発端だったようだ。

 昨秋、大井所属時代からの付き合いだったエージェントの中村剛士氏と決別した内田博幸騎手。その後、バレットを引き連れて厩舎回りをするなど、当初は新たなエージェントと契約しない方向で動いていた。

 しかし、後に周囲の関係者からJRAにクレームが入り、注意に至ったという。一体、何があったのだろうか。

「バレットが番組管理や調教師からの伝言を伝えるなどはJRAのルールで禁止されているんですが、内田騎手のバレットさんがどうやらルールスレスレで動いていたようで……。まあ、エージェントを解約すれば『誰がその代わりをするんだ』という話ですから、仕方ない部分はあるかもしれませんが、ルールはルールですからね。

それで内田騎手は、以前から親交のある和田美保氏を新エージェントとして迎えたわけですが、周囲からは早くも不安視されているようです」(競馬記者)

 記者曰く、和田美保氏は『日刊スポーツ』の競馬記者として10年以上のキャリアを持ち「女帝」と称される名物記者だったという。しかし、2013年秋には競馬界から離れており、「自分が知る限りでは久々の競馬界復帰ではないか?」と話していた。

 しかも当面は、美浦トレセンなどの現場に顔を出さず、電話対応で騎乗管理を行うという話だ。かつての人脈があるとはいえ、年々変化を遂げている競馬界。特に騎乗管理の肝となる番組表に関しては、毎年のように大きな動きがあるだけに心配の声が聞かれているようだ。

 2009、10年には2年連続で最多勝利騎手を獲得した内田騎手。しかし、今年は2週が終わり、まだ勝ち星がない。近しい関係者に「オレ、乗れてないなあ」と肩を落とすなど、その状況は深刻だ。

 果たして、和田氏は“救いの女神”となれるだろうか、新エージェントの手腕に注目したい。

JRAから「注意」内田博幸騎手「新エージェント」は女帝!? 超有力エージェント解約で心機一転も……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?