NEW

パチスロ6号機「初の4thリール」マシン登場! 初当り期待枚数「1000枚オーバー」!!【新台分析―パチスロ編―】

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パチスロ6号機の「新たな可能性」を秘めた新機種が登場する。

「6号機」×「4thリール」で新たな可能性を提案。初当りの期待獲得枚数が「1000枚オーバー」というハイスペックマシンが降臨だ。

『花伝』(アムテックス製)

※1月20日導入予定

パチスロ6号機「初の4thリール」マシン登場! 初当り期待枚数「1000枚オーバー」!!【新台分析―パチスロ編―】の画像1
平和HPより

 純増約6.2枚のATを搭載。6号機初の「4thリール」を採用することで押し順の選択肢を活かし、高い一撃性を実現した。

 7セグを使った演出がメインとなっており、同じ数字が4つ揃えばボーナス確定。初当り時は1G純増約6.2枚のAT「五光降臨」がスタートし、ベルナビ20回で約220枚のコイン獲得が可能だ。

 出玉のカギを握るのは、消化後に突入する30Gの「こいこいタイム」だ。こいこいタイムと、乱舞ボーナスのループで出玉を増やしていくゲーム性となっている。

「こいこいタイム」は30ゲームのチャンスゾーンで、約1/3.6という高確率で出玉約110枚の「乱舞ボーナス」に当選。平均獲得枚数が「全設定共通」で「約1100枚」という強力な仕様だ。

 ボーナスの上乗せや30Gのボーナス高確率ゾーンの上乗せといった、プレーヤーがアツくなれるポイントも満載。7セグのパターンも多彩と、シンプルながら奥深いゲーム性と言えるだろう。始動した「TYPE1000」の活躍に期待は高まる。

パチスロ6号機「初の4thリール」マシン登場! 初当り期待枚数「1000枚オーバー」!!【新台分析―パチスロ編―】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事