NEW

JRA武豊インティ「川田潰しの宿敵」出走でピンチ再来!? 東海S(G2)大本命も思い出される昨年の悪夢

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA武豊インティ「川田潰しの宿敵」出走でピンチ再来!? 東海S(G2)大本命も思い出される昨年の悪夢の画像1

 フェブラリーS(G1)連覇へ負けられない一戦だが……。

 26日に、京都競馬場で東海S(G2)が開催される。今年最初のG1となるフェブラリーSの前哨戦、主役は連覇の懸かるインティ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)だ。

 昨年このレースを圧勝し、フェブラリーS制覇へ繋げたインティ。

 その後、G1勝利から遠ざかっているが、前走のチャンピオンズC(G1)では勝ったクリソベリルから0.2秒差の3着。チュウワウィザードやオメガパフュームといった強豪G1馬に先着しており、ここでは断トツの存在だ。

 実際に『netkeiba.com』の予想オッズでは単勝1.8倍と、圧倒的な人気が予想されている。主戦の武豊騎手にとっても2020年の初重賞制覇へ力が入っているに違いないだろう。

 ただ、記者は「昨年ほど簡単なレースにはならない」という。

「まずインティに昨年ほどの勢い(5連勝中)がありませんし、今年は2kg増えて58kgでの出走。何よりも、“同型”のスマハマの存在が厄介ですよね」(競馬記者)

 フェブラリーSやチャンピオンズCで見せたような「逃げ」を身上としているインティだが、昨年の東海Sも果敢にハナを切っての逃げ切り勝利。その時、2番手から競馬していたのがスマハマだった。

 レース後、スマハマを管理する高橋亮調教師が「真っ向勝負を挑んだ」、藤岡佑介騎手が「しっかりと食らいついた」とインティに正々堂々の勝負を挑んだが、結果は3着。決して悪いものではなかったが、ライバルには約9馬身ちぎられている。

 そんな2頭が再戦したのが、昨年11月のみやこS(G3)だった。

JRA武豊インティ「川田潰しの宿敵」出走でピンチ再来!? 東海S(G2)大本命も思い出される昨年の悪夢のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!