NEW

JRAスティッフェリオ「逃げ」連対率100%! AJCC(G2)で逃げ切ったオールカマーの再現なるか?

【この記事のキーワード】, , ,

JRAスティッフェリオ「逃げ」連対率100%! AJCC(G2)で逃げ切ったオールカマーの再現なるか?の画像1

 26日(日)に中山競馬場にて古馬中距離路線の初戦となるAJCC(G2)が開催される。

 一昨年の有馬記念を制したブラストワンピースに注目が集まっている。特に昨年は札幌記念(G2)1勝のみで、凱旋門賞(仏G1)では惨敗しているだけに、今年初戦での巻き返しなるかどうか、というところだ。

 例年、有力馬が集まる傾向にあるレースで、今年も上々のメンバーが登録しているが、今回はスティッフェリオ(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)に焦点を当ててみる。

 昨年は小倉大賞典(G3)から始動。終始好位につける競馬で勝ち星を挙げ、前年最終戦の福島記念(G3)に続いて重賞連勝を飾った。このあと、大阪杯(G1)、宝塚記念(G1)とG1を連戦するがどちらも7着と凡走した。

 秋初戦はオールカマー(G2)を選択。G1での凡走もあって、人気を落としたがテンから逃げる競馬で押し切り、3つ目の重賞タイトルを手にした。だが、天皇賞・秋(G1)を惨敗し、続く有馬記念(G1)では見せ場を作ったものの、やはり大敗している。

 近2走のG1をいずれも惨敗しているので評価を落としているが、実績自体は重賞3勝とブラストワンピースに次ぐものであり、今回のメンバーの中では上位だと言える。

 鞍上は昨年の宝塚記念から騎乗している丸山元気騎手。福島記念、小倉大賞典の連勝やオールカマーの逃げ切りも丸山騎手で飾っているので、馬のことは手の内にいれていると考えていいだろう。

 その丸山騎手だが、昨年の中山2200mでは6戦して1勝2着2回と連対率5割をマークしている。1勝はこのスティッフェリオのオールカマーによるものだが、他場の他のコース成績と比べても群を抜いて高いので、信頼できる数字と言えよう。

 スティッフェリオ自身はオールカマーでの逃げ切りが印象的だが、25戦のキャリアの中で「逃げ」を敢行したのが5戦。この5戦で3勝2着2回と連対率100%を誇る。純然たる逃げ馬ではなく、好位差しや2番手からの抜け出しもできる器用さを持った馬だが、「逃げ」でこの成績なら、展開次第で先頭に立ったとしても、むしろ好都合に働く可能性が高い。

 G1馬であるブラストワンピースが断然の人気になるだろうが、実績では見劣りせず、レースでは自在性があって、先頭に立ったとしても好都合なスティッフェリオ。このレースでは十分勝機もあるのではないだろうか。

JRAスティッフェリオ「逃げ」連対率100%! AJCC(G2)で逃げ切ったオールカマーの再現なるか?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  8. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声