NEW

JRAサートゥルナーリアに負けていられない!AJCC(G2)兄グローブシアターが波乱を起こすか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 26日に中山競馬場で開催されるAJCC(G2)は帰国初戦のブラストワンピースをはじめ、重賞勝ち馬が複数出走を予定して混戦が予想される。人気薄ながら混戦を断ち切る一頭としてグローブシアター(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)に注目したい。

 父・キングカメハメハ、母・シーザリオの超良血馬で兄弟にG1馬のエピファネイア、リオンディーズ、サートゥルナーリアとそうそうたる顔ぶれが並ぶ。

 弟のサートゥルナーリアはホープフルS、皐月賞とG1を2勝、有馬記念で2着と中山コースと抜群の相性を誇っている。同馬の父はロードカナロア(キングカメハメハ産駒)で、グローブシアターと近しい父系である。また兄のエピファネイア・リオンディーズは中山でのG1勝ちはないものの、すべて掲示板を確保しており血統的に中山との好相性がうかがえる。

グローブシアター自身の中山での戦績は3戦して3着1回、着外2回と奮わないが、本格化前の3歳春の内容のため度外視していいだろう。近走は長距離路線に挑戦し勝利こそないものの、AJCCは芝2200mで勝った比叡S(1600万下)と同距離のため期待が増す。

 また鞍上は昨年のAJCC勝利ジョッキーである石橋脩騎手と初コンビを組む。昨年のAJCCは1年1カ月振りの出走だった7番人気のシャケトラ(当時:牡6)を本騎手は初コンビで勝利に導いた。同馬にとって連勝で阪神大賞典を制覇するきっかけのレースとなった。

 今回グローブシアターも11カ月振りと久々の出走となる。間隔があいての出走のため、1週前追い切りではまだ本調子ではないとの情報もある。今週の最終追い切りの内容も気になるところだ。

 『netkeiba.com』の予想オッズでは10番人気・単勝59倍の低評価だ。WIN5は2週連続で高配当が続いており、今週も一波乱起きそうな流れになっている。低評価の下馬評を覆し、大波乱の立役者となってもおかしくないのでは。

偶然にも厩舎、騎手、レース間隔、馬齢と昨年のシャケトラと多く共通するグローブシアター。AJCC制覇の好条件が揃った同馬の重賞初制覇・良血馬の覚醒に期待したい。

JRAサートゥルナーリアに負けていられない!AJCC(G2)兄グローブシアターが波乱を起こすか!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!