NEW

パチンコ「超ハイスペック機」と劇的な出会い!「プラス1億円」へ加速の予感!!【谷村ひとしパチンコ実戦記】

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチンコ「超ハイスペック機」と劇的な出会い!「プラス1億円」へ加速の予感!!【谷村ひとしパチンコ実戦記】の画像1

  2020年いよいよパチンコの年になりそうな気配です。

 ネガティブなウワサを打ち消すかのような年末年始のお客さんの多さをしっかり見てきました。

 九州も相変わらず元気で、大晦日と元旦に、『P新世紀エヴァンゲリオン~シト、新生』のインパクトストームの風で幕を閉じ、元旦は水玉模様のボタンからの赤台詞で、2020年、プラススタートです。

 今年も元旦の2千5百円の投資だけで1年間パチンコを楽しんでいきましょう。

 パチンコに大金を遣う発想は全くないまま1994年3月31日に初代『CR花満開』を6千円で当てた日から26年!

 すでに8300万円を突破しています。70歳までの4年間で1700万円勝てば、パチンコで1億円勝ったマンガ家になります。

 2020年『P新世紀エヴァンゲリオン』のオスイチ暴走モード突入で女性ライターの方とオスイチ対決で幕を開けました。この対決は『エヴァンゲリオン』VS『真花の慶次2~漆黒の衝撃』の爆発パワー対決で万発を競う名勝負になりました。

 ドンキホーテと一緒に打てば楽しく勝てるという定説が、またしても立証される結果になりました。マンガとDVDで2月に登場します。

 さて、本題の2020年の新台が続々登場して、“おやっ”と思う程スロッターの皆さんがパチンココーナーに、こぞって集結している姿が目立ちます。

 まず出玉と89%継続を発揮してDaiichiの『ひぐらしのなく頃に廻』が、あのピンクの水玉模様の台枠に大きな鉈が突き刺さっている台が、出玉と稼働で一歩リードしています。

 このスペック319分の1でRUSH突入率50%で32分の1の転落抽選を1種&2種混合タイプで初めて搭載していて、これが、真身隠しモードの時短1回か5回が勝負になります。その後の絆結びRUSH突入は2%。レナから圭一が逃げ延びれば惨劇回避の大当りです。

 平均9連チャンは美味しすぎます。絆結びRUSHの時短99回と残保留4個でチャンスが続きます。

パチンコ「超ハイスペック機」と劇的な出会い!「プラス1億円」へ加速の予感!!【谷村ひとしパチンコ実戦記】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!