NEW

6号機「超ビッグ偏向」パチスロ登場!演出モードは3種類!!

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6号機「超ビッグ偏向」パチスロ登場!演出モードは3種類!!の画像1

 山佐が1月14日、パチスロ6号機『ケロット4』の機種サイト及びPVを公開した。

 初代ケロットは5号機として2009年1月に登場。2006年の山佐40周年記念イベントで名付けられた、初代ニューパルからお馴染みのカエルキャラを主人公としている。

 ビッグとREGのみで出玉を増やすシンプルな仕様で、高いボーナス合算出現率が特徴。全小役がボーナスと重複する可能性があり、オレンジ成立後は演出用RTへ突入した。

 ケロット2は2011年10月、ケロット3は2014年5月にデビュー。いずれも遊びやすいながらも高設定を掴み取れればしっかりと勝てるスペックで、ライトユーザーからガチプロまで多くの支持を集めた。

 そのシリーズ最新作となる本機はもちろんボーナスタイプで、ビッグは最大230枚、REGは60枚の獲得が可能となっている。

 ボーナス比率はビッグ80%、REG20%という超ビッグ偏向型で、その出現率はビッグが206.7分の1~175.2分の1、REGが897.7分の1~585.5分の1となる(合算:168.0分の1~134.8分の1)。6号機最高峰のスペックが、シリーズ最強の瞬発力を演出するというわけだ。

 また、本機は前作までと同様、全小役がボーナス重複対象。オレンジ成立時はボーナスに繋がる可能性大だ。

 通常時の演出は3種類から好みで選択可能で、定番のケロットワールドを楽しめる「ノーマルモード」はケロルンに出会えればボーナス確定。液晶画面のどこかにケロルンがこっそりと現れる「隠れケロリン」が新採用されている。

  懐かしさの中に新しさがある「スゴロクモード」は、サイコロとマップでボーナス示唆。随所に様々な法則性が隠されており、これを暴く面白さがある。残る「虹河ラキモード」は、山佐専属YouTuber・虹河ラキが登場。オレンジ成立でラキチャンスへ突入し、「きらっきー☆」告知発生でボーナスが約束される。

   ビッグ中のBGMは山佐サウンド全22曲を完全収録。古くからの同社ファンならばコンプリートしたいところであろう。

 なお、導入は3月上旬の予定。詳しい機種情報は随時公式HPにてアップされるとのことだ。

6号機「超ビッグ偏向」パチスロ登場!演出モードは3種類!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!