NEW

パチスロ今さら聞けない「機械割」……簡単な計算方法もご紹介!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ今さら聞けない「機械割」……簡単な計算方法もご紹介!の画像1

 今回はパチスロにおける「機械割」の説明をざっくり且つ具体的にお話していきたい。

 パチスロユーザーにとっては聞き慣れた言葉かもしれない。パチスロ攻略サイトや攻略雑誌の機種ページには必ずと言って良いほど「機械割」という言葉がある。

 簡単に言ってしまえばメダルを入れた時に何枚返ってくるか、という目安である。例えば100枚入れた時に100枚返ってくれば機械割100%だ、というのはよくある説明だ。

 もっと具体的な計算をしよう。1日に回せるゲーム数の目安が8000ゲームとする。1時間に回せる限界は850ゲームほど、営業時間や休憩の有無などで前後するが大まかには8000ゲーム。

 1ゲーム回すためには3枚メダルが必要だ。8000ゲーム回すためには24000枚が必要になる。24000枚入れて24000枚返ってくればプラスマイナスゼロで機械割100%ということになる。

 なぜ1日単位にしたかというと「実際の機種では何枚勝てるのか」を明確にしたかったからだ。

 例えば『バジリスク~ 甲賀忍法帖~絆〜』は5号機最高の機械割119.2%を誇っていた。

 24000枚の119.2%では28608枚返ってくる。手元に残るのはここから元手の24000枚を引いた4608枚、つまり「平均で4608枚くらい勝てますよ」という目安だ。

 実際はリプレイをカウントしない、などの計算の場合もあるので少し異なるが、大体これくらいと覚えて頂ければ良いだろう。

 もっと簡単に計算する方法がある。「機械割1%は240枚くらい」と覚えてしまうことだ。機械割110%の機種ならば1日2400枚くらい勝てる。機械割98%であれば1日480枚くらい負ける、これくらいの計算で充分だったりもする。

パチスロ今さら聞けない「機械割」……簡単な計算方法もご紹介!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事