NEW

JRA ・AJCC(G2)「関係者情報」ブラストワンピース軸も見逃せない「爆穴の使者」発見!

【この記事のキーワード】, ,

JRA ・AJCC(G2)「関係者情報」ブラストワンピース軸も見逃せない「爆穴の使者」発見!の画像1

 26日(日)に中山競馬場にて、古馬中距離戦線の幕開けとなるAJCC(G2)が開催される。

 今年の古馬重賞戦線を占う上で重要な一戦、メンバーもそろって見応えのあるレースになりそうだ。

 ここでは関係者から出てきた極秘の有力情報から、このレースを予想していきたい。

「◎」はブラストワンピース(牡5、美浦・大竹正博厩舎)だ。

 言わずと知れた18年の有馬記念馬。昨年は大阪杯(G1)から始動。続く格下の目黒記念(G2)と連続して凡走し評価を下げた。だが、札幌記念(G2)ではG1馬3頭をまとめて負かし、勝利を飾った。ここをステップに凱旋門賞(仏G1)に乗り込んだが、11着と海外の厚い壁に跳ね返される。

 今回はこの凱旋門賞以来の出走となるが、「前走は日本の馬場とは様子が違った。慣れない環境での調整。年明けに帰厩させましたが、今週は少し抱える感じで追いました。休み明けなので元気一杯です。前走は競馬に参加できない結果。原因は色々と探りましたし、能力が足りなかったとは考えていない」と大竹調教師はきっちり分析をして巻き返す構えだ。

 メンバー中唯一のG1馬。ここで負けているようでは、G1はおろか重賞戦線すら怪しくなってくる。

JRA ・AJCC(G2)「関係者情報」ブラストワンピース軸も見逃せない「爆穴の使者」発見!の画像2

「○」はスティッフェリオ(牡6、栗東・音無秀孝厩舎)を指名する。

 昨年は小倉大賞典(G3)から始動。一昨年末の福島記念(G3)に続いて重賞連勝を飾った。大阪杯、宝塚記念(G1)、天皇賞・秋(G1)、有馬記念(G1)と4戦G1を戦ったものの、いずれも凡走。しかし、秋初戦となったオールカマー(G2)ではAJCCと同コースをまんまと逃げ切り、勝利を収めた。

 G1の壁には跳ね返されたが、G2なら見直しが必要。「有馬記念は地力で見劣った。展開も厳しかったね。デキは高いレベルで安定。ここは単騎逃げが濃厚で、オールカマーの再現を狙う」と陣営は語る。中山記念(G2)やAJCCなど中山の非根幹距離レースはリピーターが活躍するレース。データ的にも怖い存在だ。

JRA ・AJCC(G2)「関係者情報」ブラストワンピース軸も見逃せない「爆穴の使者」発見!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「一瞬しか本気で走っていない」陣営もダービー即断! 超大物が異次元の強さで3連勝、ジョッキーも「ポテンシャル高い」と太鼓判
  2. 元JRA藤田伸二氏「ちょっとないな」アートハウス川田将雅をバッサリ…「直線向くまで200点騎乗」と評価も手痛いダメ出し
  3. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇
  5. JRA「最多勝」武豊を超える6頭のダービー馬を輩出…フジキセキ、ディープインパクトの父「サンデーサイレンス」が日本競馬に残した革命的な足跡
  6. JRA福永祐一「武豊超え」の最終関門はキングヘイロー!? 日本ダービー(G1)前人未到の三連覇へ「恩馬」から与えられた試練
  7. オークス(G1)元JRA安藤勝己氏も苦言を呈した「最長」遅延の裏側…G1初騎乗ジョッキーが「顔面蒼白」となった衝撃の後ろ蹴り
  8. JRA武豊「ハナ差」で逃がしたダービー3連覇! スペシャルウィーク、アドマイヤベガからの痛恨敗戦…「生まれ変わった」福永祐一がジオグリフと挑む
  9. JRA 2週続いた横山武史騎手のリベンジ劇、2度あることは3度ある? 今週はキラーアビリティでエフフォーリアの“忘れ物”を獲りに行く
  10. JRA武豊「後方待機」連発にファンから不満も…日本ダービー(G1)ドウデュースの選択はキズナの再現が濃厚?