NEW

【川崎記念(G1)展望】川田チュウワウィザードVS「4歳No.2」デルマルーヴル! 新旧王者が2020年G1開幕戦に集結!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【川崎記念(G1)展望】川田チュウワウィザードVS「4歳No.2」デルマルーヴル! 新旧王者が2020年G1開幕戦に集結!の画像1

 29日、川崎競馬場で今年最初のG1・川崎記念が開催される。

 過去にはダート王に君臨したホッコータルマエが3連覇を飾るなど、実力馬の順当勝ちが目立ったレースだが、近年は2017年のオールブラッシュや昨年のミツバなど、ここで初G1を飾る馬も。今年も多種多様な強豪が顔を揃えた。

 中心は昨年のJBCクラシック(G1)覇者チュウワウィザード(牡5歳、栗東・大久保龍志厩舎)だ。

 2018年12月の名古屋グランプリ(G2)で初重賞を飾ったチュウワウィザードにとって、昨年は飛躍の1年だった。年明けの東海S(G2)こそインティに逃げ切られたが、そこからダイオライト記念(G2)、平安S(G3)を連勝。帝王賞(G1)でも2着し、ダート界の一流馬に上り詰めた。

 待望のG1制覇が訪れたのは、11月のJBCクラシックだ。好位から早めの進出で先頭に立つと、そのまま押し切り。帝王賞で苦杯を舐めさせられたオメガパフュームの猛追をハナ差しのいでの戴冠だった。

 前走のチャンピンオンズC(G1)こそ4着に敗れたが、このメンバーなら格上の存在。2つ目のビッグタイトル獲得へ、視界は良好だ。鞍上に主戦の川田将雅騎手が帰ってきたことも頼もしい。

【川崎記念(G1)展望】川田チュウワウィザードVS「4歳No.2」デルマルーヴル! 新旧王者が2020年G1開幕戦に集結!の画像2

 この舞台を得意にしているケイティブレイブ(牡7歳、栗東・杉山晴紀厩舎)も、優勝候補の一角だ。

 ここまで交流G1・3勝と、実績では一日の長があるケイティブレイブ。特に川崎記念は2017年から4年連続の参戦で、1勝2着1回と川崎の2100mを熟知している。昨年は始動戦の川崎記念でミツバに初優勝をさらわれる2着、続くドバイW杯(G1)も直前で出走取消と順調さを欠いた。

 ただ、立て直した秋の浦和記念(G2)で貫禄の勝利と、力はまだまだ健在。

 前走の東京大賞典(G1)では8着と大きく崩れたが、得意のコースに替われば巻き返せるはず。地方の雄・森泰斗騎手との新コンビは楽しみの方が大きい。

【川崎記念(G1)展望】川田チュウワウィザードVS「4歳No.2」デルマルーヴル! 新旧王者が2020年G1開幕戦に集結!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!