NEW

【シルクロードS(G3)展望】ヴェロックス登録で大騒ぎ! JRA高松宮記念(G1)につながる重要ステップ

 2日(日)に京都競馬場で開催されるシルクロードS(G3)。今後のスプリント重賞戦線での活躍が期待できる有力馬が続々と出走登録を行った。そしてその中にヴェロックス(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)がいると話題になっている。

【シルクロードS(G3)展望】ヴェロックス登録で大騒ぎ! JRA高松宮記念(G1)につながる重要ステップの画像1

 昨年はクラシックを完走し、勝利こそならなかったものの、いずれも馬券圏内をキープ。有馬記念(G1)こそ力負けして8着に終わったが、一定の存在感を示した。これまで中長距離が主戦場だったため、出走となれば著しい距離短縮となる。登録のみ行い、出走するか否かは負担重量次第との声も。出れば取捨選択が難しい1頭となるが、果たして。

 昨年スプリンターズS(G1)で2着に終わったモズスーパーフレア(牝5歳、栗東・音無秀孝厩舎)は、今年にかける思いは強い。

【シルクロードS(G3)展望】ヴェロックス登録で大騒ぎ! JRA高松宮記念(G1)につながる重要ステップの画像2

 昨年、始動戦のカーバンクルS(OP)を勝ち、3月のオーシャンS(G3)で重賞初制覇を達成。だが高松宮記念(G1)では2番人気に支持されるも、15着とまさかの大敗を喫してしまう。

そして約5カ月後の北九州記念(G3)で再始動。ここを4着で終えるとスプリンターズS(G1)へ。大一番で果敢に逃げると、勝ち馬タワーオブロンドンには交わされたが、0.1秒差の2着と好走してみせた。

 昨年最終戦となった京阪杯(G3)では、1番人気ながら8着と期待を裏切る結果に終わっている。前走の悪いイメージを払拭するためにも、今年活躍するためにも、ここでは結果が求められる。

 レッドアンシェル(牡6歳、栗東・庄野靖志厩舎)は復帰戦を快勝して勢いに乗りたい。

 昨年、長らく跳ね返されていた3勝クラスの壁を突破。その後、出走したCBC賞(G3)では上がり最速の脚を使って優勝。1番人気に応え、重賞初制覇を達成した。

 その後はスプリンターズSを大目標に調整が進められていたものの、右前脚に違和感があるとして検査。獣医師から屈腱炎の前駆症状だと判断され、出走を見送り。休養に入ることが発表されていた。

 半年以上ぶりとなる1戦。ここで結果を残し、今年こそG1獲りに向いたいところだが……。

【シルクロードS(G3)展望】ヴェロックス登録で大騒ぎ! JRA高松宮記念(G1)につながる重要ステップのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  5. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  6. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  7. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  8. JRA「弾けました」低評価を覆す豪脚一閃で先行勢を一掃! 宝塚記念(G1)激走、故・岡田繁幸さん素質見抜いた「逆輸入」種牡馬にブレイクの予感
  9. 池添謙一「圧勝ムード」からノーステッキで逆転負け…「単勝1.8倍」敗戦にファンから疑問の声
  10. JRA宝塚記念(G1)麒麟・川島明が「20万円超」払い戻しで有終の美!ファンからは京都競馬場の「改修工事」に恨み節も!?