NEW

JRA「絶好調」松山弘平騎手で大駆けの予感!? シルクロードS(G3)ダイメイプリンセスで重賞3勝目を狙う

JRA「絶好調」松山弘平騎手で大駆けの予感!? シルクロードS(G3)ダイメイプリンセスで重賞3勝目を狙うの画像1

 先週の東海S(G2)は、レース前に予想された、スマハマとインティによる激しいハナ争いが生じず、1000m通過61秒7というスローペースとなった。その緩い流れの中、道中は3番手で流れに乗り、4コーナーから最後の直線に入ったところで後続を振り切った、エアアルマスの勝利となった。

 前走の武蔵野Sでエアアルマスが露呈した、砂を被ると脆いという弱点を巧みにカバーした、鞍上・松山弘平騎手の好騎乗を高く評価する声が多い。

 松山騎手は5日(日)の京都金杯(G3)をサウンドキアラで制しており、早くも重賞2勝目をマークした。先週末は東海Sを含めてそれぞれ2勝ずつ、4勝をマーク。単勝オッズ1番人気の馬に騎乗する機会が一度もなかった。そんな中での4勝は特筆すべき成績だろう。

 1月全体で見ても、単勝1番人気の馬への騎乗は3度しかない。そんな中で10勝、JRAの全国リーディング5位は価値がある。今、絶好調の騎手と言っていいだろう。

 昨年はJRAでキャリア最多の91勝をマーク。デビューから11年目で、年間100勝の大台まであと僅かというところまでステップアップした。この1月のスタートダッシュを見る限り、今年は100勝の大台も視界に入っているかもしれない。

 この昨年の成績、【91・81・82・631】を分析すると、馬券検討をする際に絶対に知っておくべきデータが浮かび上がる。

全91勝のうち、最も多い8勝を挙げているのは栗東・橋口慎介厩舎の管理馬で、勝率20.0%、連対率27.5%、3着内率35.0%とまずまずの成績を挙げている。

注目すべきは2番目に多い7勝を挙げている栗東・松田国英厩舎の管理馬だ。勝率31.8%、連対率50.0%、3着内率54.5%ということで、2回に1回以上の確率で馬券圏内に入っている。松山騎手が松田厩舎の管理馬に騎乗する時は、要注意と言えるかもしれない。

 松山騎手がJRAでこれまで挙げた重賞タイトルは、先日の東海Sを含めて13。この中には、2017年にアルアインで制した皐月賞(G1)も含まれている。早くも重賞2勝をマークしているだけに、今年の春のG1戦線の活躍も期待できそうだ。今週末も含めて松山騎手の騎乗に注目してみたい。

 今週2日(日)のシルクロードS(G3)では、重賞2勝馬ダイメイプリンセスと初めてのコンビを組むことになっており、好騎乗が期待される。

JRA「絶好調」松山弘平騎手で大駆けの予感!? シルクロードS(G3)ダイメイプリンセスで重賞3勝目を狙うのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  3. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  4. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  5. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA「伝説の新馬戦」候補に武豊の期待馬が出走! 話題のドゥラメンテ産駒やウマ娘オーナーも参戦…宝塚記念(G1)当日に「注目」のメンバーが激突