NEW

L.デットーリ「ぬるぬる!」雄叫びで武豊も唖然……? M.デムーロが頭を抱えた「嵐」のような2週間

L.デットーリ騎手「ぬるぬる!」雄叫びで武豊も唖然……? M.デムーロ騎手が頭を抱えた「嵐」のような2週間の画像1

 現在、JRA(日本中央競馬会)には100名を超えるジョッキーが所属しているが、中でも特に「エネルギッシュ」といえばM.デムーロ騎手ではないだろうか。

 一度、絶好調モードになると勝って勝って勝ちまくる、その爆発力も然ることながら、普段からとにかく明るい性格は、日本人にはなかなか真似できない豪快さがある。

 だが、昨秋はそんなデムーロ騎手でさえタジタジとなる、嵐のような“兄貴分”がいたようだ。

「本当に大変だった……」

 デムーロ騎手が、そうしみじみと振り返ったのは『フジテレビONE TWO NEXT』で絶賛放送中の『武豊TV!II』で毎年恒例のジョッキー新年会の席だ。

 詳細はぜひ番組をご覧いただきたいが、武豊騎手と福原直英アナに加え、ゲストにデムーロ騎手と池添謙一騎手、O.マーフィー騎手が参加した2020年の新年会。様々な話題で盛り上がった中、特に爆笑を呼んだのが昨秋、約8年ぶりの来日を果たした世界的ジョッキーのL.デットーリ騎手についてだった。

 デットーリ騎手といえば、凱旋門賞(仏G1)を連覇した世界女王エネイブルの主戦として有名だ。日本でもジャパンCダート(現チャンピオンズC)とジャパンCの2日連続G1制覇など、これまで世界中で制したG1は250を超える世界のレジェンドである。

 超大物騎手の来日ということもあり、参戦当初から異例の注目を集めていたデットーリ騎手。ただ、メディアやファンだけでなく、武豊騎手が「日本のジョッキーが全員、ずっとフランキーを見てたね」と話していたように、同業者である日本の騎手からも熱い視線を集めていたという。

 そんなデットーリ騎手だが、同じイタリア人のデムーロ騎手からすれば10歳ほど歳の違う、同郷の大先輩ということになる。いや、イタリア人にとっては「国民的英雄」と呼んでいいだろう。しかも、デットーリ騎手は日本滞在中、ずっとデムーロ騎手の自宅にホームステイしていたようだ。

 デムーロ騎手にとっても約5年ぶりの再会ということもあって、当初は「すごくうれしかった」と感激していたようだが……。

L.デットーリ「ぬるぬる!」雄叫びで武豊も唖然……? M.デムーロが頭を抱えた「嵐」のような2週間のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手
  2. JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状
  3. JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末
  4. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  5. JRA北村友一、横山一家と「全面戦争」勃発か…浦島状態がもたらした「立ち位置」の変化と大き過ぎた代償
  6. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  7. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  8. JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと
  9. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」