NEW

ミカエル・ミシェル「御褒美」がすごい……藤田菜七子と再戦も間近

【この記事のキーワード】, ,

ミカエル・ミシェル「御褒美」がすごい……藤田菜七子と再戦も間近の画像1

 ついにその日がやってきた。

 29日、川崎競馬の第5レースで、ミカエル・ミシェル騎手がベルロビンに騎乗し、優勝。今年、来日3日目、地方通算14戦目にしてうれしい初勝利をあげている。

 単勝1番人気に支持されていたミシェル騎手×ベルロビン。道中2番手で進み、手応え十分で最後の直線を迎えると、そのまま後続を突き放してゴール。2着に6馬身差をつけて勝利を飾った。

 この日は川崎記念(G1)当日ということもあり、平日にもかかわらず、1万人を超える来場者数を記録。ゴールした瞬間には大きな歓声があがった。多くのファンから勝利を祝福されたミシェル騎手は、「本当にうれしくて信じられない」と喜びを爆発させていた。

「初日には勝利こそなかったものの、2着1回、3着2回を記録していたので、初勝利もそんなに遠くはないと思っていましたが、ついにやってくれましたね。これからどんどん日本の競馬に慣れてくれれば、さらに好成績を残してくれるはずです。」(競馬誌ライター)

 ミシェル騎手の初白星に湧いた川崎競馬場だが、喜んだのはファンだけではないようだ。ミシェル騎手を受け入れている山崎裕也調教師は、我がことのように喜び、「スポニチ」の取材に「良かった。次はうちの厩舎の馬で勝ってほしい」と明かし、さらに「川崎開催が終わったらスタッフや関係者を温泉に連れて行く」と、彼女を連れて大盤振る舞いする予定であることを明かしている。

 川崎開催は31日で終了。ミシェル騎手は最終日も6鞍に騎乗予定だ。その後、温泉で骨を休めたミシェル騎手は、2月3日から開催される大井競馬で騎乗を再開、さらに4日に高知競馬場から始まり、佐賀競馬場、名古屋競馬場を舞台に行われる『LVRレディスヴィクトリーラウンド』にも参戦予定だという。

 また日本だけにはとどまらず、月末にはサウジアラビアの騎手招待レース(2月28日、キング・アブドゥル・アズィズ競馬場)、さらにその翌週にはスペインで行われる騎手招待レース(3月8日、サルスエラ競馬場)にも出場を予定している。どちらのレースにも藤田菜七子騎手も参戦することが決定しているため、ふたりは異国で再戦を果たすことになりそうだ。

 一挙手一投足が注目され続けているミシェル騎手。今後の活躍にも期待したい。

ミカエル・ミシェル「御褒美」がすごい……藤田菜七子と再戦も間近のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々
  2. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  3. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  4. JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望に
  5. JRA「何故」ソダシの独壇場だったのか。G1馬5頭の史上最高メンバー集結も、拍子抜けのワンサイド…楽勝劇を生んだ「思惑」の交差と「想定外」のアクシデント
  6. JRA日本ダービー(G1)横山典弘「騎乗停止撤回」を申し出るも却下に不満の声。息子「やってやりますよ!」に期待
  7. JRA「ウマ娘」藤田晋オーナーの快進撃に急ブレーキ!? 新人オーナーに降りかかった競馬の“洗礼”…日本ダービー(G1)参戦を見据える使い分けが招いた「2つの悲劇」とは
  8. JRA藤田菜七子に「不満」の先輩騎手!? 酒席「断りまくり」の裏側
  9. 「驚くくらい活躍する」元JRA細江純子氏の予言が現実に…藤田菜七子“待望の2勝目”も霞む、女性騎手の「エース候補」が“神騎乗”連発!
  10. JRA繰り返される「危険騎乗」に賛否!? 落馬負傷から復帰1カ月も「鳴かず飛ばず」松山弘平に焦りの影