NEW

JRAヴァーダイト「兄姉はG1勝ち」「厩舎の期待馬」が、再び川田で勝利確実!?

【この記事のキーワード】, ,

JRAヴァーダイト「兄姉はG1勝ち」「厩舎の期待馬」が、再び川田で勝利確実!?の画像1

 2月1日(土)京都9R、梅花賞(3歳1勝クラス)に12月5日のメイクデビュー阪神を楽勝したヴァーダイト(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)が出走する。

 2番人気となったデビュー戦は、直前の調教が動かなかったこともあり、C.スミヨン騎手騎乗のメラーキに1番人気を譲ったが、スピードの違いで早くも直線先頭に立つと、上がり最速の脚で悠々と押し切った。楽な手応えで2着馬を4馬身突き放した勝ちっぷりは、芝での活躍を予感させるのに十分な内容だったといえる。

 ヴァーダイトは父ディープインパクト×母クリソプレーズという良血。兄クリソベリルは昨年のチャンピオンズC(G1)でゴールドドリーム、インティなど古馬ダートのトップクラスを撃破。2018年ルヴァンスレーヴに続く、2年連続の3歳馬による優勝を決めた。

 ゴールドアリュール産駒の兄クリソベリルはここまで一貫してダート戦を使われているが、父がディープインパクトのヴァーダイトは芝でのデビュー。騎乗した川田将雅騎手はレース後のコメントでも「問題なくいい競馬ができました。血統馬らしく成長してくれればいいと思います」と能力の高さに太鼓判を押している。

 管理する音無調教師も「兄弟馬がダートで走っていますが、この馬は背が高く芝馬だと思います。成長が楽しみです」と芝の適性を再認識するコメントを残した。

 特筆すべきは母クリソプレーズの繁殖牝馬としての優秀さだ。ここまで代表的な産駒として、クリソベリル(ジャパンダートダービー、チャンピオンズC)、マリアライト(宝塚記念、エリザベス女王杯)などのG1馬もいれば、リアファル(神戸新聞杯)、クリソライト(帝王賞2着、ダイオライト記念3連覇)がいる。

 父によって芝とダートの適性は変わってくるが、中距離路線で安定して活躍馬を出しており、競馬ファンにはおなじみの名牝である。芝のG1を勝ったマリアライトが、父ディープインパクトで全姉となるため、陣営がヴァーダイトのデビュー戦に芝のレースを選択したのは自然な流れだろう。

 梅花賞はメイクデビューの芝2000mから2F延長の芝2400mとなるが、兄姉のリアファル、マリアライトは中長距離で問題なかった。

 鞍上には引き続きデビュー戦で手綱を取った川田騎手。G1を勝った兄クリソベリルの主戦で、現在リーディングトップのO.マーフィー騎手の20勝に次ぐ19勝で2位と好調。勝率はマーフィーの25.0%を凌ぐ34.5%で最も勝利を期待できる騎手である。先週のAJCC(G2)もブラストワンピースを鮮やかな騎乗で勝利に導いたばかりだ。

 頼れる鞍上のエスコートで、ここもすんなり通過してクラシック候補に名乗りを上げたい。

JRAヴァーダイト「兄姉はG1勝ち」「厩舎の期待馬」が、再び川田で勝利確実!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  5. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. 武豊、異例の「超マジギレ」に恐怖……温厚なスターを激怒させた「おしくらまんじゅう事件」