NEW

JRAヴァーダイト「兄姉はG1勝ち」「厩舎の期待馬」が、再び川田で勝利確実!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRAヴァーダイト「兄姉はG1勝ち」「厩舎の期待馬」が、再び川田で勝利確実!?の画像1

 2月1日(土)京都9R、梅花賞(3歳1勝クラス)に12月5日のメイクデビュー阪神を楽勝したヴァーダイト(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)が出走する。

 2番人気となったデビュー戦は、直前の調教が動かなかったこともあり、C.スミヨン騎手騎乗のメラーキに1番人気を譲ったが、スピードの違いで早くも直線先頭に立つと、上がり最速の脚で悠々と押し切った。楽な手応えで2着馬を4馬身突き放した勝ちっぷりは、芝での活躍を予感させるのに十分な内容だったといえる。

 ヴァーダイトは父ディープインパクト×母クリソプレーズという良血。兄クリソベリルは昨年のチャンピオンズC(G1)でゴールドドリーム、インティなど古馬ダートのトップクラスを撃破。2018年ルヴァンスレーヴに続く、2年連続の3歳馬による優勝を決めた。

 ゴールドアリュール産駒の兄クリソベリルはここまで一貫してダート戦を使われているが、父がディープインパクトのヴァーダイトは芝でのデビュー。騎乗した川田将雅騎手はレース後のコメントでも「問題なくいい競馬ができました。血統馬らしく成長してくれればいいと思います」と能力の高さに太鼓判を押している。

 管理する音無調教師も「兄弟馬がダートで走っていますが、この馬は背が高く芝馬だと思います。成長が楽しみです」と芝の適性を再認識するコメントを残した。

 特筆すべきは母クリソプレーズの繁殖牝馬としての優秀さだ。ここまで代表的な産駒として、クリソベリル(ジャパンダートダービー、チャンピオンズC)、マリアライト(宝塚記念、エリザベス女王杯)などのG1馬もいれば、リアファル(神戸新聞杯)、クリソライト(帝王賞2着、ダイオライト記念3連覇)がいる。

 父によって芝とダートの適性は変わってくるが、中距離路線で安定して活躍馬を出しており、競馬ファンにはおなじみの名牝である。芝のG1を勝ったマリアライトが、父ディープインパクトで全姉となるため、陣営がヴァーダイトのデビュー戦に芝のレースを選択したのは自然な流れだろう。

 梅花賞はメイクデビューの芝2000mから2F延長の芝2400mとなるが、兄姉のリアファル、マリアライトは中長距離で問題なかった。

 鞍上には引き続きデビュー戦で手綱を取った川田騎手。G1を勝った兄クリソベリルの主戦で、現在リーディングトップのO.マーフィー騎手の20勝に次ぐ19勝で2位と好調。勝率はマーフィーの25.0%を凌ぐ34.5%で最も勝利を期待できる騎手である。先週のAJCC(G2)もブラストワンピースを鮮やかな騎乗で勝利に導いたばかりだ。

 頼れる鞍上のエスコートで、ここもすんなり通過してクラシック候補に名乗りを上げたい。

JRAヴァーダイト「兄姉はG1勝ち」「厩舎の期待馬」が、再び川田で勝利確実!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!