NEW

パチンコ「アノ新台」で「20連」オーバー! 激アツ演出に鳥肌!!

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ「アノ新台」で「20連」オーバー! 激アツ演出に鳥肌!!の画像1

 最近はパチスロのハイエナばかりしているが、昔はパチンコが大好きであった。特に『CR牙狼〜RED REQUIEM〜』や『CRヱヴァンゲリヲン~始まりの福音~』などが好きで暇さえあればホールに足を運んでハンドルを握っていた。

 初めて5万発を達成した機種も『CR牙狼〜RED REQUIEM〜』で、1撃ではないものの早い初当りを重ねてドル箱の山を築くことができた。

 その頃から高継続の機種が好きで、『CRぱちんこ新鬼武者』や『CRルパン三世~消されたルパン~』なども大好物であった。

 最近の「鬼武者シリーズ」の新作『ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞』もトータル継続率約90%で打ちたいと思っていたものの、状況としてなかなか手が出ないでいた。

 近所にパチンコの状況の良い小型ホールが1件ある。ここにどうにか導入されないかと見ていたところ、最近の新装で『ぱちんこ 新鬼武者 狂鬼乱舞 Light Version』が導入された。

 これは是非打ちたいと思い、数日後やっと台に座ることができた。導入から3日が経っていたが、この間の大当り確率が1/75、1/70、1/74と大いに期待出来そうだ。

 本機は設定付きパチンコであり設定は6段階、大当り確率は設定1で約1/99〜設定6で約1/73という設定差がある。

 ラッシュ突入率は約50%、10回転+残保留4回転で当りを引くことができればトータル継続率約90%を味わうことができる。

 初代「ぱちんこ新鬼武者」にも存在した「極限覚醒リーチ」や「チェッカー柄」は変わらず激アツ、加えて信頼度50%オーバー(vs異形宗矩のみ42.5%)の「激熱バーニングビジョン」という主人公・蒼鬼の主観でリーチが繰り広げられるという。これは見たい。

 打ち出していくと初回から100回転を超えてしまう。最初の初当りは161回転、設定を期待する身としては痛いスタートである。更にラッシュも突入せず。

 次の当りは68回転、vs淀君リーチから念願の「激熱バーニングビジョン」が発動、お初の援護から淀君を見事斬り伏せ大当りをゲット。が、ラッシュには突入しなかった。

パチンコ「アノ新台」で「20連」オーバー! 激アツ演出に鳥肌!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!