NEW

JRAシルクロードS(G3)モズスーパーフレア「危険情報」現場ネタから最強の3連単を見出した!

「現場の声を重視するブロディN」。今週は、2日(日)に京都競馬場で開催されるシルクロードS(G3)で勝負。春のスプリント王決定戦・高松宮記念(G1)の前哨戦にあたるため、今年も短距離重賞戦線での活躍が期待できそうな有力馬が集結している。

 今回、人気を集める1頭としてモズスーパーフレアがあげられる。

JRAシルクロードS(G3)モズスーパーフレア「危険情報」現場ネタから最強の3連単を見出した!の画像1

 昨年のスプリンターズS(G1)で2着に入るなど、スプリント戦線で頭角を現した。本来ならば、得意とする得意の中山競馬場のオーシャンS(G3)から高松宮記念へと向かいそうなものだが、関係者いわく「間隔が詰まると良くない」との理由で、シルクロードSを選択したという。

 だが、シルクロードSは、1番人気で8着に惨敗した京阪杯(G3)と同じく京都芝1200m戦。ある記者は「京都競馬場では結果が出ていない。さらに今の時計のかかる馬場も向いていないからね」と不安視。今回は切りと判断した。

 そんな中、選び抜いた本命「◎」は、ディアンドル(牝4歳、栗東・奥村豊厩舎)だ。

JRAシルクロードS(G3)モズスーパーフレア「危険情報」現場ネタから最強の3連単を見出した!の画像2

 

 デビュー戦こそ敗れたものの、その後5連勝で3歳馬限定の葵S(G)を制覇。古馬との初顔合わせとなった北九州記念(G3)では出遅れながらも2着と結果を残す。

 秋は4番人気に支持されたスプリンターズS(G1)で、13着と期待を大きく裏切ってしまったが、そこからの巻き返しを誓う。

「前走では初の大舞台でライバルに気圧され、さらに揉まれたことでやる気を失い、本来の走りを見せることが出来ませんでしたね。ただ、中間は放牧に出されていたので、精神的にもリフレッシュできたので、敗戦のショックを引きずってはいないようです。

 4カ月ぶりとなりますが、1週前追い切りでは、自己最速タイとなる4ハロン52秒4、ラスト12秒を記録。仕上がっていると見ても良さそうです」(競馬関係者)

「○」には復調気配のカラクレナイ(牝6歳、栗東・松下武士厩舎)をあげたい。

JRAシルクロードS(G3)モズスーパーフレア「危険情報」現場ネタから最強の3連単を見出した!の画像3
※カラクレナイ/『競馬つらつら』より

 3歳時にフィリーズレビュー(G2)を勝つなど、将来を嘱望されていたが、1番人気に支持されたNHKマイルC(G1)で17着と大敗。その後、凡走が続いていた。

 だが昨年のバーデンバーデンC(OP)で久しぶりの勝利をあげると、続く北九州記念(G3)こそ7着に終わったが、その後、京都芝1200mで行われたオパールS(L)、京阪杯(G3)、淀短距離S(L)と3戦連続3着に入っている。

「今回は出走間隔も短かったので、放牧に出すことなく在厩で調整。最終追い切りは、馬なりで坂路4ハロン54秒5、ラスト12秒9をマーク。軽やかな動きを見せてくれました。

 以前は後方からの競馬一辺倒。でも、最近ではスタートも良くなってきたこともあり、前走では2番手につけて3着と前でも結果を出しています。今回は1枠2番に入りましたが、前走同様きれいなスタートを切れれば、チャンスはあるでしょう」(栗東関係者)

JRAシルクロードS(G3)モズスーパーフレア「危険情報」現場ネタから最強の3連単を見出した!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事