NEW

JRA「川田ファースト」!? 昨年2着大阪杯(G1)回避のキセキ、春の予定は……

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA「川田ファースト」!?昨年2着大阪杯(G1)回避のキセキ、春の予定は……。の画像1

 30日、キセキ(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)はドバイシーマクラシック(G1)の招待を辞退し、阪神大賞典(G2)から始動することが明らかになった。その後は、天皇賞・春(G1)を目指す予定となる。

 キセキは17年菊花賞(G1)を制しており、長距離適性は十分にあると思われる。しかし、昨年は大阪杯(G1)、宝塚記念(G1)と中距離路線で、どちらも2着の結果を出している。それだけに今回の長距離路線への変更は驚きだ。

 阪神大賞典は菊花賞以来の3000mのレースになる。約2年半ぶりの長距離出走だ。

 これには「川田ファースト」が関係しているのかもしれない。現在、次走の鞍上については何も発表されておらず、陣営としてはキセキ復活の立役者・川田将雅騎手とコンビを復活したいところではないか。

 キセキは3歳時、夏の上り馬として頭角を現し、菊花賞トライアルの神戸新聞杯(G2)2着をステップに菊花賞へ挑んだ。菊花賞では1番人気に応え、水しぶきが舞う超不良馬場を大外一気で駆け抜けG1タイトルを戴冠した。しかし、その後3走続けて掲示板を外すスランプに陥ってしまう……。

 このスランプから脱出のきっかけとなったのは、4歳秋の毎日王冠(G2)。デビュー3戦目のすみれS(OP)で一度だけ手綱を取った川田騎手との久々のコンビで挑んだ。

 後方からの競馬が多かったキセキだったが、この時はハナを切るアエロリットの2番手につける位置取りで進めた。結果はアエロリットの逃げ切り勝ちだが、キセキは0.2秒差の3着に粘りこみ、復活の狼煙をあげることができた。このレースがスランプ脱出・川田騎手とのコンビ結成のきっかけとなった。

 その後、同年のジャパンC(G1)では、ハイペースで逃げたキセキがアーモンドアイの驚愕レコードを演出した。それにもかかわらず2着に粘る強さを見せつけ、完全復活を印象付けた。その後も勝利はないものの、川田騎手とのコンビで国内G1は掲示板を外さない安定した成績を残す。

 しかし、昨秋は川田騎手の手を離れることになった。キセキは海外挑戦を行い、フォア賞(G2)、凱旋門賞(G1)はC.スミヨン騎手、帰国初戦の有馬記念(G1)は短期免許のR.ムーア騎手が騎乗した。ちなみに川田騎手は凱旋門賞でブラストワンピース、有馬記念でヴェロックスに騎乗している。

 コンビ復活を目指すにあたり、「川田騎手はブラストワンピース、ヴェロックスといった有力馬を抱えており、中距離路線はすでに埋まっているのではないか。川田騎手を確保するために、長距離路線変更をした可能性もある」(競馬記者)という見方がある。

 ルメールファーストならぬ川田ファーストか。人気ジョッキーのご都合次第となると、路線変更もやむを得ないのかもしれない。

 果たしてキセキが久々の勝利を挙げるとき、馬上にいるのは誰なのだろうか。

JRA「川田ファースト」!? 昨年2着大阪杯(G1)回避のキセキ、春の予定は……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事