NEW

JRA藤田菜七子「神スタート」で4馬身差圧勝! 初の「小倉リーディング」へ勝ち星量産態勢!

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA藤田菜七子「神スタート」で4馬身差圧勝! 初の「小倉リーディング」へ勝ち星量産態勢!の画像1

 1日に行われた小倉1R(3歳未勝利戦)は、3番人気のヴィグラスカイザー(牡3歳、栗東・石坂公一厩舎)が優勝。鞍上の藤田菜七子騎手が、幸先良く“開幕星”を上げた。

 14頭立てのダート1000mで行われた1戦。スタートが非常に重要なウエイトを占める条件で、藤田菜七子騎手に促され、抜群のダッシュ力を見せたヴィグラスカイザーがすんなりハナに立って、主導権を握った。

 結果論で言えば、この時点で勝負あったか。単騎逃げのメリットといえる内々の経済コースを通って、先頭のまま最後の直線を迎えると、後続をスッと引き離す余裕さえあった。最後は藤田菜七子騎手の激に応えるように、2着馬に2馬身半差をつけての完勝。

 キャリアまだ2戦目と、この先が楽しみになる内容だった。

「スタートが決まって勝負ありでしたね。昨年の関東リーディング10位に健闘するなど、成長著しい藤田騎手ですが、特にスタートの安定感が光ります。ゲートの出し方も上手ですし、そこから適度に加速させて、有利なポジションを奪う技術も上達しましたね。

馬の方も1400mのデビュー戦こそ最後は止まってしまったが、400m短縮されて最後まで力強い脚取りでした。馬体重こそ増えていましたが、一度使われて引き締まった印象です。サウスヴィグラス産駒なので、ダートの短距離ならいいところまで行けそうな器だと思います」(競馬記者)

 この日の藤田菜七子騎手は、これで終わらなかった。続く6Rでは、5番人気のガーデンコンサート(牝4歳、美浦・尾関和人厩舎)で4馬身差の圧勝を飾っている。

 勝った1R以来となるダート1000mの舞台で、またも藤田菜七子騎手の“強み”が活きた。14頭立てのレースで、好スタートを決めたガーデンコンサートはハナを主張したサンバパレードを行かせる形の2番手をキープ。逃げ馬を“可愛がる”と、最後の直線で早々に交わして先頭へ。あとは後続を引き離す圧勝劇を演出した。

「小倉のダートの短距離戦とあって、みんなが前に行きたい状況。案の定、スタートからハナ争いが激しくなりましたが、外枠(12番)発走ながら、きっちり行き切ったのが最大の勝因だと思います。逆に中途半端に好位につけると外々を回らされる展開になっていたでしょうし、藤田騎手の好判断が光りましたね」(競馬記者)

 実際に、藤田菜七子騎手もレース後に「外枠だったのでキツかったけど、押して前に付けました」と、ポジションに拘ったコメント。「結果的にこれだけ(後続を)離せて勝てたし、1000mが合う」と舞台適性が圧勝を呼び込んだと分析している。

 先月、通算101勝を達成し見習い騎手を卒業。斤量の恩恵が1kg減った「◇」印で参戦している藤田菜七子騎手だが、そんな不安を感じさせない活躍だ。この日、9鞍で騎乗したが、明日も7鞍に騎乗。有力馬も控えており、土日連勝も十分に期待できそうだ。

 この冬は小倉で腰を据えて乗り続ける予定だけに、自身2度目の開催リーディングを狙う。

JRA藤田菜七子「神スタート」で4馬身差圧勝! 初の「小倉リーディング」へ勝ち星量産態勢!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!