NEW

【きさらぎ賞(G3)展望】アルジャンナ・サトノゴールド・ギベルティの3つ巴!? 期待馬実力拮抗の1戦。川田VS武の両騎手対決も見もの!

【この記事のキーワード】, ,

 9日(日)に京都競馬場にて3歳クラシックへのステップレースとなる、きさらぎ賞(G3)が開催される。

 ここ数年勝ち馬がクラシックで活躍していないが、2016年にはサトノダイヤモンドがここを勝って、春のクラシックを賑わせ、菊花賞(G1)を制している。また、その前年は牝馬のルージュバックがここを勝ってオークス(G1)で2着に入った。その他、過去にはトーセンラーやトーセンスターダムといったG1馬がここを勝利して、後の活躍につなげている。

 今年は10頭が特別登録を済ませているが、まず注目したいのがアルジャンナ(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)だろう。

【きさらぎ賞(G3)展望】アルジャンナ・サトノゴールド・ギベルティの3つ巴!? 期待馬実力拮抗の1戦。川田VS武の両騎手対決も見もの!の画像1

 

 9月の阪神でデビュー。新馬戦を快勝したあと、東京スポーツ杯2歳S(G3)に向かうが、コントレイルに及ばず2着に終わった。

 父・ディープインパクト、母は米G1勝ちのあるコントコマンドで初仔となる。セレクトセールで約1億8000万円という高額で取引され、期待のかかっている1頭。

 1週前追い切りも順調で、坂路で古馬2勝クラスと併せ、4F 52.4-12.3秒で1馬身先着している。

 これに対抗する存在がサトノゴールド(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 7月の函館でデビュー。2番手からの競馬で危なげなく勝ち上がると、札幌2歳S(G3)に駒を進めるが、前を捉えきれず2着に終わる。

 デビュー戦は2番手から、札幌2歳Sでは最後方からの競馬で、どちらも上がり最速の脚を使って結果を残している。展開に左右されない自在性と高い能力は疑いようがないだろう。

 2戦とも武豊騎手が騎乗していたが、今回はまだ鞍上が決まっていないのが気がかりではある。

【きさらぎ賞(G3)展望】アルジャンナ・サトノゴールド・ギベルティの3つ巴!? 期待馬実力拮抗の1戦。川田VS武の両騎手対決も見もの!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  3. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  9. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦