NEW

【きさらぎ賞(G3)展望】アルジャンナ・サトノゴールド・ギベルティの3つ巴!? 期待馬実力拮抗の1戦。川田VS武の両騎手対決も見もの!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9日(日)に京都競馬場にて3歳クラシックへのステップレースとなる、きさらぎ賞(G3)が開催される。

 ここ数年勝ち馬がクラシックで活躍していないが、2016年にはサトノダイヤモンドがここを勝って、春のクラシックを賑わせ、菊花賞(G1)を制している。また、その前年は牝馬のルージュバックがここを勝ってオークス(G1)で2着に入った。その他、過去にはトーセンラーやトーセンスターダムといったG1馬がここを勝利して、後の活躍につなげている。

 今年は10頭が特別登録を済ませているが、まず注目したいのがアルジャンナ(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)だろう。

【きさらぎ賞(G3)展望】アルジャンナ・サトノゴールド・ギベルティの3つ巴!? 期待馬実力拮抗の1戦。川田VS武の両騎手対決も見もの!の画像1

 

 9月の阪神でデビュー。新馬戦を快勝したあと、東京スポーツ杯2歳S(G3)に向かうが、コントレイルに及ばず2着に終わった。

 父・ディープインパクト、母は米G1勝ちのあるコントコマンドで初仔となる。セレクトセールで約1億8000万円という高額で取引され、期待のかかっている1頭。

 1週前追い切りも順調で、坂路で古馬2勝クラスと併せ、4F 52.4-12.3秒で1馬身先着している。

 これに対抗する存在がサトノゴールド(牡3、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 7月の函館でデビュー。2番手からの競馬で危なげなく勝ち上がると、札幌2歳S(G3)に駒を進めるが、前を捉えきれず2着に終わる。

 デビュー戦は2番手から、札幌2歳Sでは最後方からの競馬で、どちらも上がり最速の脚を使って結果を残している。展開に左右されない自在性と高い能力は疑いようがないだろう。

 2戦とも武豊騎手が騎乗していたが、今回はまだ鞍上が決まっていないのが気がかりではある。

【きさらぎ賞(G3)展望】アルジャンナ・サトノゴールド・ギベルティの3つ巴!? 期待馬実力拮抗の1戦。川田VS武の両騎手対決も見もの!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!