NEW

JRAきさらぎ賞(G3)アルジャンナ「勝率50%!?」必勝データが勝利を後押し

【この記事のキーワード】,

JRAきさらぎ賞(G3)アルジャンナ「勝率50%!?」必勝データが勝利を後押しの画像1

 9日の日曜、京都11Rは「クラシック登竜門」といわれる第60回きさらぎ賞(G3)が開催される。

 過去10年できさらぎ賞に出走した馬には、18年2着グローリーヴェイズ、16年1着サトノダイヤモンド、12年4着ジャスタウェイ、11年3着オルフェーヴルなど、のちのG1馬たちの名前が並んでいる。

 このレースを勝てなかったとしても「未来のG1馬」がいるかもしれない。

 今年の出走予定馬で最有力視されているのがアルジャンナ(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)だ。2着に敗れた前走東スポ杯2歳S(G3)は、コントレイルの強さばかり目立ったが、アルジャンナの1.45.3は、同レースの過去10年の勝ち時計を凌ぐ走破時計だった。

 これは例年だと勝っているレベルである。続くホープフルS(G1)で見せたコントレイルの圧勝ぶりを見せられると、さすがにこればかりは相手が悪かったというしかない。

 きさらぎ賞にはほかにも朝日杯FS(G1)3着グランレイ、シンザン記念(G3)3着コルテジア、札幌2歳S(G3)2着サトノゴールドなどの重賞で好走したライバルも出走を予定しているが、いずれもコントレイルに比べればスケールで見劣るのは否めない。

 また、アルジャンナにとってきさらぎ賞の勝利を後押しする見逃せないデータがある。

 過去10年の同レースを【4.1.2.1】と最多の4勝をマークしている池江泰寿厩舎、さらにディープインパクト産駒も【5.5.2.11】と2回に1回は勝っており、勝率ではともに50%と驚異的な数字だ。

 そして池江厩舎の送り出した勝ち馬が、すべてディープインパクト産駒だったこともアルジャンナにズバリあてはまる。

◆きさらぎ賞過去10年の勝ち馬(ディープインパクト×池江厩舎)
19年ダノンチェイサー
16年サトノダイヤモンド
14年トーセンスターダム
12年ワールドエース

 さらに過去10年、前走で上がり2位以内の馬が8勝をあげているデータもクリアしている。

 気になる週末の天気予報も京都地方は好天の模様で、ディープインパクト産駒が苦手とする渋った馬場とはならない見込み。想定では川田将雅騎手となっており、昨年はダノンチェイサーとのコンビできさらぎ賞を優勝した。同騎手には連覇もかかっている。

 ここまでデータが揃えば、あとはミスなく走れば結果はついてくるといっても過言ではないかもしれない!?

JRAきさらぎ賞(G3)アルジャンナ「勝率50%!?」必勝データが勝利を後押しのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声