NEW

JRA武豊ギベルティに「不安」データ!? きさらぎ賞(G3)制覇で、小島茂之厩舎「再生」の切り札になれるか

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA武豊ギベルティに「不安」データ!? きさらぎ賞(G3)制覇で、小島茂之厩舎「再生」の切り札になれるかの画像1

 12月の新馬戦を快勝したギベルティ(牡3歳、美浦・小島茂之厩舎)が武豊騎手を鞍上にキャリア2戦目できさらぎ賞(G3)に出走する。

 武騎手にとって、きさらぎ賞は比較的相性がいいレース。1998年のスペシャルウィークなど、通算6勝を誇る。今年はすでに19勝を挙げ、全国リーディング3位と絶好調だが重賞は未勝利。ギベルティで昨年11月、京都2歳S(G3)以来の重賞制覇を手繰り寄せることはできるだろうか。

 きさらぎ賞25度目の騎乗となる武騎手。同レースで関東馬に騎乗するのは意外にもこれが初めて。12月の中山での新馬戦(芝1600m)でギベルティに騎乗し、3番人気ながら強い競馬で勝ち上がった。

 ギベルティは、好スタートから道中早めに先頭に並びかけると、3コーナーで早くも単独先頭に。最後は上がり3ハロン2位タイの脚を使い、直線で後続を突き放す完勝だった。

 レース後には武騎手も「能力の高い馬」とギベルティを高く評価。今年の牡馬クラシック路線はマイラプソディとのコンビが既定路線だが、ギベルティ陣営としては名手を悩ませるような勝ちっぷりを期待しているだろう。

 ギベルティは血統的にも魅力たっぷりだ。ギベルティの父は個性派種牡馬のオルフェーヴル。三振も多いが、時に一発も期待できる“当たれば”大きいタイプ。活躍する産駒の多くは母系にミスタープロスペクターの血が入っている。ギベルティも母父がミスプロ系で、新馬戦の勝ちっぷりからも一発の可能性を秘めていると言えそうだ。

 レースでは上位人気が予想されるギベルティだが、もちろん死角がないわけではない。

 キャリア1戦できさらぎ賞に臨んだ馬は過去10年で11頭いるが、「1-0-0-10」と苦戦傾向。キャリア2戦の「4-4-0-8」や、同3戦の「3-4-6-10」と比べると明らかに見劣りする。

 特に「前走中山組」は過去10年で「0-0-0-13」とさっぱり。昨年もホープフルS(G1)6着から参戦のヴァンドギャルドが単勝オッズ2.0倍の圧倒的1番人気に支持されたが、4着に沈んだ。

 また小島茂之厩舎の不振も気掛かりだ。

JRA武豊ギベルティに「不安」データ!? きさらぎ賞(G3)制覇で、小島茂之厩舎「再生」の切り札になれるかのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事