NEW

パチスロ新台『サンダーVライトニング』『沖ドキ!2』間もなく! 本格始動の「大手ユニバーサル」へ期待の声!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ新台『サンダーVライトニング』『沖ドキ!2』間もなく! 本格始動の「大手ユニバーサル」へ期待の声!!の画像1
ユニバーサルエンターテインメントHPより


 業界大手ユニバーサルエンターテインメントは、パチスロ新機種『サンダーVライトニング』と『沖ドキ!2-30』を発表。ファンからは熱い視線が注がれている。

『サンダーVライトニング』は、パチスロ本来の魅力を追求する「A PROJECT」の最新機種。シリーズの伝統を受け継ぎつつ、新たな要素も盛り込まれたノーマルタイプだ。

『沖ドキ!2-30』は、現在もホールで人気の『沖ドキ!』の正統後継機として登場する。初代と変わらぬゲーム性を採用しており、『沖ドキ!』ファン納得の1台に仕上がった模様。

 そんな2機種のティザーサイトが2月4日に公開された。PVでは、演出とスペックの特徴が確認できる。視聴したユーザーの反応は上々で、注目はさらに高まっている印象。今後の情報公開が楽しみだ。

 話題を独占状態のユニバーサルエンターテインメントだが、最も大きな注目を集めているのは『バジリスク~甲賀忍法帖~絆2』(ミズホ製)だろう。

パチスロ新台『サンダーVライトニング』『沖ドキ!2』間もなく! 本格始動の「大手ユニバーサル」へ期待の声!!の画像2
ユニバーサルエンターテインメントHPより

 長きに亘りエースとして活躍してきた『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』の正統後継パチスロ6号機が2月17日に登場だ。

 1G純増約2.9枚のAT「バジリスクタイム(BT)」で出玉を増やす仕様。バジリスクチャンス(BC)から、BTを目指すというお馴染みの流れとなっている。

 BTは継続率がセットごとに変化する「シナリオ」を採用。シナリオはBC突入画面や各セット開始画面などで示唆される。ロング継続のカギを握る「絆高確」を自力で勝ち取る要素も搭載されるなど、楽しみの幅を広げることに成功した。

 機種サイトでは、「GAME FLOW」や「配当・配列」に関する情報が公開中。その他の情報も、徐々に発表される予定だ。こちらの動向からも目が離せない。

パチスロ新台『サンダーVライトニング』『沖ドキ!2』間もなく! 本格始動の「大手ユニバーサル」へ期待の声!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事