NEW

JRA武豊「究極の選択」!? アルデバランS(OP)ダートの新星が6連勝に挑む!

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊「究極の選択」!? アルデバランS(OP)ダートの新星が6連勝に挑む!の画像1

 先週の根岸S(G3)は初ダートのモズアスコットが出遅れながらも、先行したコパノキッキングを差し切り優勝した。ダート界の新たなスター誕生を予感させるレースとなった。

 今週も、8日(土)に京都競馬場で開催されるアルデバランS(OP)に、ダート界のスター候補が武豊騎手を背に出走する。その名はロードレガリス(牡5歳、栗東・野中賢二厩舎)だ。武豊騎手、野中厩舎のコンビは、昨年のフェブラリーS(G1)を制したインティと同じである。

 ロードレガリスは芝でデビューするもパッとせず、大井に移籍しダートを主戦場にした。ダート転向後は能力を発揮し、大井で【3.0.1.0】の結果をひっさげ昨年10月に中央再転入を果たした。

 中央復帰初戦の1勝クラスを5馬身差の圧勝で飾った。2勝クラスも危なげなく勝利し、3勝クラスではまたも5馬身差の勝利を決める。大井から通算で5連勝とし、ダート転向後の上りタイムはすべて最速を記録している。まさにダート界の新星だ。

 しかし、今回のアルデバランSはこれまでとは違い、強力なライバルが出走を予定している。

 立ちはだかるのは、ロードレガリスと人気を分け合うと予想されるスワーヴアラミスだ。スワーヴアラミスは、前走ポルックスS(OP)で既にオープン勝ちを決めている。レース内容は先行し4コーナーで先頭に立つと、そのまま後続に4馬身差をつけての勝利。負かした相手が昨年のレパードS(G3)勝ち馬・ハヤヤッコという点も忘れてはならない。

「もしロードレガリスがここを楽に勝つようなことがあれば、武豊騎手がインティと天秤にかけることも十分に考えられるだろう。

 インティは1600m-1800mが適性距離。それに対し、ロードレガリスは1800mまでしか使われておらず、レースの内容を見る限りは距離延長も問題なさそうだ。

 ここまでのローテーション、適性距離を考えると、この春に両者がぶつかることはなさそうだ。しかし、秋以降はチャンピオンズC(G1)で対決が実現する可能性が高い。もしくは、武豊騎手の海外志向が強いため、どちらかと米国・ブリーダーズC(G1)挑戦を行い、バッティングを避けるかもしれない」(競馬記者)

これはあくまでもロードレガリスがアルデバランSを「勝てば」の話であるが、天才騎手の動向も気になるところだ。

 今週もダートの新たなスター誕生を楽しみにしたい。

JRA武豊「究極の選択」!? アルデバランS(OP)ダートの新星が6連勝に挑む!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬,ボートレース・競輪
  • 総合
1ジャパンC(G1)芝未勝利でも「ジャマ」と侮るなかれ、藤沢和雄師が送り込む刺客にヨシオ再来の声!?
2ジャパンC(G1)福永祐一を育てた鬼軍曹も参戦!?「1位→3位」の組み合わせなのに3連単339万馬券…プロだけが知る驚愕の錬金術
3JRA 池添謙一「世知辛い時代」自身も経験した悪夢、セリフォス降板を告げられた後輩に「もっともっと上手くなろう。頑張ろう」
4秋G1予想「やってはいけない」愚行3選! 「ルメール切り」に続く、ジャパンC(G1)でも逆らってはいけないジョッキーたち
5ジャパンC(G1)「大穴」は忘れた頃にやってくる!? 「単勝万馬券」級の衝撃再び、テイエムオペラオーを撃破した東京巧者の血
6武豊「長くジョッキーをやっていれば色々とあるよ」、遅れて来たグランアレグリア級大物を川田将雅が大絶賛! 秋G1予想「やってはいけない」愚行3選!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
7「何でこんな騎手で出走しているんだ!」弁解する調教師の心労が軽減!? 期待馬に突然「障害騎手や若手騎手」が起用されていた裏事情
8ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
9年内引退報道「一斉削除」にファンも混乱!? ジャパンC(G1)で「キセキの復活」はあるか?
10「永遠のライバル」が来年度「種付け料」で明暗!? 800万大幅増エピファネイアに対し、キズナ僅か200万増……。その陰に「アノ馬」の存在?