NEW

パチスロ「設定456演出」が……「設定狙い」大成功で大勝利!?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パチスロ「設定456演出」が……「設定狙い」大成功で大勝利!?の画像1


 普段ハイエナをしている理由の1つに「ボーナスタイプの機種に苦手意識があるから」という理由がある。

 最近は「目押しが出来れば機械割100%以上」のような設計の機種も多く設置されている。そしてそれらを「目押しが苦手だから打たない」というわけではない。

 単純に「ボーナスが引けない」からできれば避けたい、という気持ちがあるのだ。「いやいや、ボーナスが軽い機種を打てば良いだろう」と思うかもしれないが、この腕はビックリするほどボーナスを引いてくれない。

 例えば「パチスロ ディスクアップ」では約52万ゲーム消化して同色BBが約1/331という確率になっている。同色BBは全設定共通1/299で抽選されていて、毎回32ゲームほど損をしていることになる。収支はマイナスである。

 約52万ゲームというと2ヶ月間休みなく毎日閉店まで回した回転数とほぼ同等のゲーム数だ。ボーナスタイプは引き弱にはなかなか微笑んでくれない。設定1でもちゃんとボーナスを引ければ103%のはずなのだが…

 しかし「強い日」のボーナスタイプには度々挑戦する場合がある。103%で駄目でも110%ある高設定ならば「流石に勝てるであろう」という算段だ。

 都内某所にある某ホールの「強い日」は特にボーナスタイプの機種がアツい。過去データを参照すると『バンバンクロス』の設定Cや『PYRAMID EYE』の設定6、その他ノーマル機種も高設定と目される出玉の波を描いている。

 並びは約200人ほど、入場抽選は78番と微妙な数字だ。この日に座れた台は『クレアの秘宝伝 2 眠りの塔と目覚めの石』である。『PYRAMID EYE』狙いであったが早々に埋まってしまった。

 だが本機も「入れる機種」の1つである。

 打ち始めるとボーナスが軽い軽い。これは設定に期待できるのでは、と思った矢先のレギュラーボーナスに……。

パチスロ「設定456演出」が……「設定狙い」大成功で大勝利!?の画像2

 なんと設定4以上でないと出現しない画面を確認。これで終日安心してプレイすることができる。本機の機械割は設定4で約106%、設定6ならば約114%というハイスペックになっている。現在ボーナスは1/102と設定6以上の数字に。期待が高まっていく。

パチスロ「設定456演出」が……「設定狙い」大成功で大勝利!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事